FC2ブログ
 

ファムの人形物語

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

新年のご挨拶

遅ればせながらですが、新年おめでとうございます。

皆様どのようなお正月をお過ごしでしたでしょうか?

正月
あかり(カスタムネオブライス/vainilladolly カスタム)   ジュリー(ネオブライス/パンカホリックピープル)

私の方は、昨年からのんびりした日を過ごして、当ブログもなかなか更新できずにおります。
ただ、インスグラムの方は時々写真をアップしていますので、是非そちらもチェックしてみてください。
当ブログリンク欄一番上をクリックして下さい。

インスタグラムは登録しなくても閲覧できます。

今年は月刊美術骨董雑誌に連載ページを持ちますし、来年5月に銀座かねまつホールで開催する第5回銀座ビスクドール展の企画も、徐々に煮詰めていかなくては…。

ゆっくり、ゆっくりの更新になるかと思いますが、どうぞ本年もよろしくお願い致します。

寒い日が続きますので、ご自愛くださいませ。

スポンサーサイト

PageTop

キャンディー・ロード

少し前にのどの調子がおかしくなって、飴をなめるようになってから、スーパーなどで色々な種類を物色するようになりました。

キャンディー
ポコ(プチブライス/ベビーパンダガーデン)  ハッピー(カスタムプチブライス/さくらんぼカレン カスタム)
ルル(ムチャチャずきん) 

スーパーより百均の方が色々な種類がある事も発見しました。 今ではバッグの中には飴の缶が…。

関西の熟女のバッグには"飴ちゃん″が必ず入っているというのは、本当でしょうか?

キャンディー

ずいぶん前になりますが、アンティーク・テディベアのポストカード集を作る時の撮影で、カメラマンさんからキャンディーを小物として使おうとの提案がありましたが、現代のキャンディーはダメと却下した事があります。

小物も同じ時代の物を使うのが私の流儀です。

ポストカードブック

左がその時のカード集。
某雑誌の「隠れたベストセラー」に選ばれました。
懐かしい!と思われた方も多いのでは?

右は同じ出版社がカバーを変えて増刷したもの。

キャンディー

懐かしい、優しいお味の栄太郎の飴。
すっかり私の定番になりました。

飴

こんな昔ながらの飴もネットで京都からお取り寄せしました。

子供の頃、風邪をひいたり、学校が休校だったりした時には、ベッドの脇に本と飴を用意して、一日中読書出来るのが楽しみでした。

その時に良く舐めたキャンディーがほとんど今は手に入らないのが残念です。
記憶に残っている味というのもあるのですね。






PageTop

のぞみのお出かけ

のぞみ(カスタムネオブライス/さくらんぼカレン カスタム)が久しぶりにお出かけしました。

横浜人形の家
のぞみ(カスタムネオブライス/さくらんぼカレン カスタム)

この日は日本のお人形をもう一度じっくり見る為に、横浜人形の家にお出掛けしました。

のぞみは見慣れないお人形たちにドキドキです。

横浜人形の家

日本のミニチュアにも興味津々。

横浜人形の家

小さくて、クオリティーの高い品は、和洋問わず魅力がありますよね。

横浜人形の家

お人形同士で何かお話しているのかしら?

横浜人形の家

ブライスが飾ってあるコーナーではさすがに嬉しそうでした。

横浜人形の家

12月8日から来年1月31日までは、初音ミクフィギュア展があるようですよ。






PageTop

七五三

最近用意は早くからしていても、写真撮影やブログ、インスタグラムに記事を上げるタイミングを逃す事が続いています。

七五三
あかり(カスタムネオブライス/vainilladolly カスタム)

子供の成長を願い、祝う七五三の行事は、江戸時代に始まり、江戸から関西へと広まったようです。

本来は11月15日が七五三の日ですが、最近はこの近辺の土日に行うご家庭も多いとか。

あかり(カスタムネオブライス/vainilladolly カスタム)もやっと七五三です。

七五三

今まで着ていたユニコーンの姿から、いきなりお着物を着せられて、ちょっとびっくりしているみたいですね。

私も重たいぽっくりを履いて、明治神宮の参道を歩かされ、帰りにはぐずって父におぶってもらった記憶があります。

七五三

七五三は、3歳は主に女の子の行事で、その由来は江戸時代、女の子は数え年の3歳まで髪を剃る習慣があったようで、それを終了する儀式のようです。

男の子の5歳は、袴を着用する儀式。 
そして女の子の7歳は、大人と同じ幅の広い帯を結び始める儀式の意味があります。

こうして書いてみると、一般庶民の儀式ではないですね。 おそらくは本当にその儀式をするというより、子供の健やかな成長を祈願する日として、武家から庶民へと広まって行ったのでしょう。

七五三

そしてこの日に欠かせないのが、千歳飴。
私の子供の頃、不二家がミルキーで千歳飴を発売しましたが、最近は色々な味の物があるみたいですね。

この晒飴が懐かしくて、求めてみました。

七五三

無病息災で長生きは万人が望む所。
私もあかりと一緒に祈願致します。

PageTop

旅行櫛

あっと言う間に今年もあと2ヶ月。
しばらくご無沙汰をしていました。 皆さまお変わりありませんか?

旅行櫛
レジーナ(ネオブライス/レジーナ・アーウェン)  ルージュ(ルージュノワール)

10月に大宮在住のつげ櫛職人 広島政夫さんをお訪ねした時には、私も行ったのよ。

旅行櫛

この時は、この4寸(約12センチ)の旅行櫛を頂くのが主な目的だったの。

旅行櫛

櫛の背中(棟)が角ばったこの小振りな櫛は、旅行櫛と名付けられています。

旅行櫛

携帯用の櫛としては、1センチに11本の歯がある櫛は贅沢よね。

こんな櫛を携えて、箱根あたりの温泉に行きたいわ。

つげ櫛

この日はこの櫛も頂戴したの。
前に持ち手がもっと長い物は、お家で私達の髪をセットする時用に頂いたけど、これは外出用。

つげ櫛

下の櫛も、私達が外出する時に、ママが持って行くんですって。

お写真を撮ったりする時に、髪が乱れているといけないものね。
やっぱり温泉に行きたくなったわ。


     広島つげ櫛店  〒330-0843 さいたま市大宮区吉敷町1-13
                TEL 048-643-3386 (要予約 電話は午後3時半以降に。)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。