FC2ブログ
 

ファムの人形物語

究極の夢の櫛

2ヶ月振りに大宮在住のつげ職人 広島政夫さんをお訪ねしました。

つげ櫛
ルージュ(ネオブライス/ルージュノワール)  広島政夫さんのつげの簪と根付を付けて。

広島さんの名刺代わりともなっている1センチに13本の歯を挽いた、有名な「夢の櫛」は、3寸(約9センチ)の長さの小さな櫛なのですが、私はこの13本歯で3寸5分(約10.5センチ)の平安時代復元櫛の方を使っています。

広島さんの平安復元櫛の13本歯や16本歯の櫛は、全行程手作業で作るつげ櫛の中で最高峰の物でしょう。

またそれと並ぶ、11本歯の江戸深川利休(6寸 約18センチ)や、東利休(5寸 約15センチ)は、他の職人さんではこの歯数でこの長さのつげ櫛は作れない、広島さんの最高傑作とも言えるつげ櫛でしょう。

つげ櫛

7月に広島さんをお訪ねした時には、実は目的があったのです。

東利休の長さで、13枚歯を作っていただけたなら、それは究極の夢の櫛なのでは…と。
そんなとんでもないお願いを切り出したら、「俺の体を痛めろ!って事か?」と広島さんが怒られるかしれないので、この話は当日の広島さんとの話の成り行きで、切り出すのは止める事も考えていました。

つげ櫛

その日はお客様でラッシュだったのですが、皆さんがお帰りになった後、「今度こんなの作ってみようかと思ってね。」と、私が思っているのとまったく同じ事を広島さんの方から話があったのです。

あまりにびっくりした偶然だったのですが、すぐに「私のために作って下さい。」とお願いすると、「やってみようか。」と快諾して下さいました。

つげ櫛

そして、出来上がるのは年末とおしゃっていらしたのですが、こんなに早く仕上げて下さいました。

使い心地は梳き櫛とは思えないほど、スムーズな髪通りで、これ1本で用が足りるのかと思うほどです。

つげ櫛

平安時代復元櫛の方は、外出の時の持ち歩き用。 そして、今回作って頂いた、究極の夢の櫛は、平安復元櫛16本歯と交代交代に、毎日愛用します。

つげ櫛

今回は色々おしゃべりしながら、また沢山頂いてしまいました。
櫛は全部使う目的で手に入れているのですが、あっと言う間に広島櫛コレクションが出来上がった感がありますね。

つげブラシ

広島さんは今流行のつげブラシも、もうとっくにお作りでした。
台は黒檀で出来ています。
このピンも、もちろん全部手作業です。

根付はお姉さまが長年ご愛用の物をお譲りいただいてしまいしまた。 大切に致します。

つげ櫛

上は大相撲の床山さんが使う櫛。
そして、下はビンカキ櫛。

「つげ櫛で作れないものはないよ。」と、広島さんは当たり前のようにおっしゃいます。
欲しい櫛があったら、お尋ねすると、何でも出て来そうです。

つげ櫛

このお相撲さんの髪用の珍しい櫛も私のコレクションに加わりました。

この櫛も、ビンカキ櫛も、すごく使いやすいのには、正直びっくりです。

広島さんとお話していると、次々珍しい櫛を見せて頂けるので、お宅はつげ櫛好きにはたまらないお宝の宝庫。
でも、次々欲しくなるのは目の毒ですね。

つげ簪

こんなシンプルな簪は、浴衣で粋に使ったら素敵ですよね。

つげ櫛

広島さんとお話すると、元気を沢山いただけます。
82歳にして、まだまだチャレンジする気力は無理に生み出されている物ではなく、広島さんの自然体のようです。

それは、70年間つげ櫛一筋に打ち込ん来て、つげの木の精霊と、広島さんの気が一つになって生み出されるものなのだと思います。
だから、広島さんとお話すると、そのエネルギーを頂けるのだと感じます。

「自然体でね。」と、広島さんは優しく諭してくれました。

広島さんがお作りになった櫛を、大切に長く愛用したいと思います。


     広島つげ櫛店   さいたま市大宮区吉敷町1-13
                 TEL 048-643-3386
                 ※個人のお宅なので、事前に要予約。 
                  電話は午後3時半以降に。 




スポンサーサイト

PageTop

縞のお着物

突然のゲリラ豪雨があったりして、天候が落ち着かないけど、季節は確実に秋に向かっている。

私も秋の装いをしなくては…。

縞の着物
ルージュ(ネオブライス/ルージュノワール)

銀座は目の肥えた方が多いから、近所に出掛けるのにも、手を抜けないわ。

画廊のオーナーや、老舗の呉服屋さん、それに政財界の方々も、お食事やお買い物に、昼でも銀座にいらっしゃる。

縞の着物

秋の街着には、こんな縞のお着物を選んでみたわ。
どうかしら?

縞の着物

しっとりとした華やかなお着物もいいけれど、私はこんな街着が大好き。
でも、縞のお着物は着るのがとっても難しいのよね。
下手に着ると、ものすごくやぼったくなる。

縞の着物

以前、日本舞踊の師範の方とプライベートでお食事をご一緒した時に、憧れるくらいに、縞のお着物をとっても素敵に着こなしていらしたの。
帯の取り合わせも、着物に贅沢されていないと、出来ないコーディネートだったわ。
あんなふうにさり気なく着こなすには、普段よほどお着物に親しまれているのと、やっぱりセンスよね。

私も「素敵ですね。」って言われるように、もっともっと精進しなくちゃ。

PageTop

秋の銀座

一昨日の日曜日は、銀座にお出掛けしたの。

銀座
シエル(ネオブライス/フィービーメイビー)

銀座はすっかり秋の装い。
いつも展示会でお世話になっているかねまつさんの店頭には、こんな素敵な秋草が…。

銀座

この日はね、GINZA SIX の地下にある、観世能楽堂で開かれる、西川瑞扇さんの日舞の会を拝見に。

瑞扇さんは、舞踏家として自身の舞を追及するだけでなく、テレビや舞台で活躍する俳優さん達の振付や指導もしていらっしゃいます。

観世能楽堂

GINZA SIX の地下に、こんな能楽堂があるなんて、知らなかったわ。

技もお姿もお美しい瑞扇さんの舞を堪能しました。
ずーっとその世界の中に浸っていたかったわ。

とらや

そして、ちょっと疲れを取りに、とらやさんに。

今年の夏は暑くて、お家から出られなかった。 かき氷はこれが最初で最後かしら?

一流を堪能した銀座の一時でした。

PageTop

秋の気配

今年の夏は散々だったわね。
酷暑に加え、大雨の水害や地震。 被害にあった地域の方々には、心よりお見舞い申し上げます。

でも、日本中がそうだから、まだまだ油断出来ないわ。

東京は少し暑さが和らいで、何となく秋が近づいている気配がする。

ドール着物
シエル(ネオブライス/フィービーメイビー)

ママは今年私達のために、何枚も浴衣を誂えたのに、着せる時間が持てなかったみたい。

お着物は季節を先取りするような所があるから、ちょっとまだ暑いけど、新しいお着物を着てみたわ。

ドール着物

私の赤い髪色に、グリーンのお着物が良く似合うでしょう?

ドール着物

髪型もちょっと大人の耳隠しにしたのよ。

ミニチュア草履
メダカ(プチブライス/金魚美人)

ママは草履もドール着物作家の小平敦子にお願いして、色々作って頂いている。
足元のおしゃれって、大切よね。

ミニチュア

この草履はこんな可愛い箱に入って届いたのよ。

ドール着物

さあ、お着替えも済んだから、これからどこにお出掛けしましょう?

PageTop

ブライスフレンド

大人になってからは親友が出来にくいと良く言われますが、ブライスをコレクションするようになってから、趣味を通してのお友達が増えました。

プチブライス
ブンカ(プチブライス/トウキョウトドラー) ハッピー(カスタムプチブライス/さくらんぼカレンカスタム)

この小さなプチブライスのお着物を縫ってくれた小平敦子さんもその一人。

私が勝手に思っているのだと思いますが、もう友人を通り越して、親友と言ってもいいと思います。

プチブライス

小平さんは拘りの人。
小さなお人形の為の物でも、手抜きはありません。 
この小さな下駄を見て下さい。 比較の為に、ネオブライスの下駄を下に並べて置きました。
いずれも小平さん作です。

知り合った頃よりも、めきめき腕を上げています。
それは、彼女が無類の人形好きのせいもあるでしょう。

プチブライス

今回ネオブライスの下駄を届けてくれた便の中に、こんなお布団が入っていました。
和装には、やっぱりベッドではなく、お布団ですよね。

小平さんは、今年の初夏から、お友達が開いたカフェの店長としてもその腕を振るっています。
この為にバリスタの資格も取ったのですよ。

そして、カフェのお仕事をしながら、ちゃんとドール着物作家としての活動もしていらっしゃるのですから、すごいです。
私といくつも年が違わないのに、そのバイタリティーには脱帽です。

カフェは今外人さんにも大人気の日光にあります。
この夏はあまりに暑くて伺えませんでしたが、少し涼しくなったら、小平さん拘りのコーヒーを頂きに伺いたいと思っています。

皆さまも是非! お店の2階には小平さんのお着物を着たブライスちゃんがお客様をお待ちしているようですよ。

     cafe Karin 日光市御幸町574  TEL 0288-53-6722
             定休日: 水・木・第3日曜日
             13:00~18:00 営業








PageTop