ファムの人形物語

ママからの伝言 ロラン・ドガレイユ リサイタル

ファン待望の、フランス音楽界のヴァイオリンの神様 ロラン・ドガレイユさんのリサイタルを3月1日(木)に、東京の四谷にある紀尾井ホールで開きます。

ロラン・ドガレイユ

ドガレイユさんのプロフィールは次に掲載するフライヤーの裏面をお読みいただければ、その素晴らしさはご納得いただけるかと思います。

今回はピアノをフランスピアノ界の重鎮 ジャック・ルヴィエさんが弾いて下さるとあって、神様二人が降臨です。

ロラン・ドガレイユ

ドガレイユさんの愛器 ストラディバリウス Txinka は、星の王子様の作者 サン=テグジュペリが所有していた名器。
クラッシック音楽ファンでなくても、興味ありますよね?

名手と名器のマリアージュ、フランス音楽の神髄を堪能出来る、二度とないチャンスです。
ドガレイユさんが奏でる「魂の響き」、是非お聴きになって下さい。

チケットのお申込みは、チラシ裏面に記載しています。
または、 rever☆road.ocn.ne.jp までお問い合わせください。 (☆を@に換えて下さいね。)

米沢と熊本でも同様のリサイタルを開きます。 それぞれの主催者からフライヤーが届きましたら、また別途ご案内致します。

スポンサーサイト

PageTop

ママからの伝言

8日成人の日に行ったドールショウでは、ブライス用の靴下を買ったくらいでしたが、久しぶりにルビーインザソーダのオーナー、イチハラさんにお目に掛かれたのは収穫でした。

西麻布の表通りを一本入った所にある、イチハラさんのアトリエは、物作りが大好きなイチハラさんの思いが一杯詰まっています。

ここで開かれた催しで、タイニーベッツィーという可愛いお人形の存在を知りました。

アンティーク・ドールと違って、現代のお人形には版権の問題があり、催しを開くのも容易ではないのです。
ベッチー祭りと銘打って、好きだからこそ開いていた催しも、中断せざるを得ない事情があったようなのですが、この度ベッツィーが日本で限定販売される事になったようで、その販売元のアゾンさんのショップで今度は名前を「NEO-BETSY MATSURI」と改めて、イベントを再開されるようです。

お人形に携わる者として、新春のうれしいニュースです。

ベッツィ

今まで欲しいなと思いながら手を出さなかったベッツィーですが、販売されるとなるとちょっとグラグラ来ますね。





PageTop

キノコ大好き!

今年は全然運がないわ…とママはぼやいていたの。
インスタグラムのプレゼント企画に、去年はずいぶん当選したのに、今年はさっぱり。

キノコ
ミエル(ネオブライス/スコッティマム)

そうしたら、こんな可愛いバッグが当たった!

ママはキノコが大好き
食べるのも、モチーフとしても大好きよ。

キノコ

キノコのバッグを持ったら、キノコ狩りに行かなくちゃ。

キノコ

寒くなって来たから、キノコがたっぷり入ったシチューを作りましょう。

でも、このキノコは食べられない種類よね?

やっぱりマーケットで買う方が無難ね。

PageTop

明治神宮 人形感謝祭

昨日東京は寒い雨が一日中降っていました。

そんな中、日本人形玩具学会の一員として、明治明治神宮で開かれた人形感謝祭のボランティアスタッフとしてお手伝いして来ました。

人形感謝祭

人形感謝祭と言うより、人形供養と言った方がわかりやすいかもしれませんね。

可愛がっていたのだけれど、お子さんが大きくなって不要になったり、お引越し等で処分しなければならないけど、粗大ごみに出すには忍びない…など、様々な事情から持ち寄られたお人形やぬいぐるみは、祈とうされ、供養されます。

人形感謝祭

受付は午前9時から開始されました。

家を出る前は、こんな雨なのだからきっと来る人も少ないだろう…と高をくくっていたのですが、とんでもありません。
いつまでたっても受付を待つ長蛇の列が途切れる事がありません。

私たち日本人形玩具学会のメンバーは、処分するにはあまりにもったいない価値のあるお人形を、明治神宮で保存する選別のお手伝いをするのですが、まずはお人形をこうして並べる作業を延々お手伝いしました。

支給されたレインコートを着て、雨に濡れながら、気温16度の中での作業です。
さすがに午後2時過ぎに体が悲鳴を挙げたので、私は終了を前に失礼させていただいたのですが、午後3時に受付終了し、その後またご祈とう、そしてディスプレイしたお人形たちを段ボールに詰める作業があります。

人形感謝祭

持ち寄られたお人形の中で、圧倒的に多いのがぬいぐるみ。 その次はお雛様でしょうか。
中には新品の物もあり、もったいないな~と思いながらも、出す方のご事情を推察したりもしました。

そして、やっぱり少しでも可愛く見えるように飾ってあげたくなるのです。

雨のなか、黙々と作業する我々スタッフに、「ご苦労様です。ありがとう。」と労いの声を掛けて下さる方もいらっしゃいました。

明治神宮の本殿前の広場に大きく2ヶ所に分けての展示場は、物凄い数のお人形さんたち。

寒い中作業に打ち込めたのも、お人形さんたちからの力かもしれません。
色々な事を考えさせられた一日でした。

明治神宮の人形感謝祭は年一回。 来年はどうぞご自身の目で実際をご覧ください。



PageTop

ママからの伝言 印象派の版画

12日から11月5日まで、山口県防府市のアスピラートで、『印象派 巨匠たちの愛した版画の世界』展が開かれています。

アスピラート

このアスピラートは、2012年の春に開催した『アール・ヌーヴォーとベル・エポックのパリ展』や、ヴァイオリニスト ロラン・ドガレイユのリサイタルで大変お世話になりました。

スタッフの方々が大変熱心に運営して下さるので、地方にこういう文化施設があるのは頼もしい限りです。

今回の展覧会は大変興味ある内容なので、見に行きたいのは山々なのですが、どうかお近くの方は行かれた感想をご自身のブログ等でレポして下さるとありがたいです。

油絵ではなく、版画というこの時代ならではの表現方法で味わう印象派藝術の世界。
芸術の秋に相応しい時間を過ごせる事でしょう。

また、来年3月7日には、ロラン・ドガレイユがこのアスピラートで、防府では第2回目のリサイタルを開きます。
今回は伴奏がジャック・ルヴィエさんと、贅沢にも神様二人が揃います。
是非お見逃しのないよう、今からチケットの発売を楽しみにお待ちください。


   アスピラート  〒747-0036 山口県防府市戎町1-1-28
             TEL 0835-26-5151 (火曜休館)




PageTop