ファムの人形物語

さすらいの日曜画家

今日は本当はニッキー(ネオブライス/ニッキーラッド)が、もう一日京都の事を話す予定だったけど、ちょっと僕を割り込ませてね。

岡部忠則さん個展
レイモン(ネオブライス/ハッピーエブリデイ)

昨日は銀座の画廊で昨日から開かれた、岡部忠則さんの個展を拝見して来ました。

岡部さんは山口県防府市在住。 パパとは高校からのお友達。
そして、防府で開いたロラン・ドガレイユさんのコンサートや、パパのアール・ヌーヴォー展の時は、ずいぶんお世話になりました。

岡部忠則さん個展

岡部さんは、絵を描く他、コーラスや俳句、ピアノなど、多趣味な方。
そして、趣味を通じて沢山のお友達がいらっしゃいます。

ブログ「さすらいの日曜画家」では、心に染みる絵を披露されているけど、毎年二科展などにも出品し、精力的に絵の活動をなさっています。

岡部忠則さん個展

油絵はブログで拝見するやさしい絵とはまた一味違って、岡部さんの感性が強く感じられます。

お船で世界一周した時の経験も、絵の中に表現されているように感じました。

好きな事が出来る人生。 それは全ての人にとって夢でしょう。
それを実現している岡部さん。 少年のようなキラキラした瞳をしていました。

岡部忠則さん個展

この個展は29日土曜日まで。 場所は今話題のGINZA SIX のすぐ近くだから、是非お出掛け下さい。


※写真撮影及びブログとインスタへの掲載については、岡部氏のご了承をいただいております。

スポンサーサイト

PageTop

スニーカー

今の男子はオシャレだね。

洋服や髪型もだけれど、化粧品も当たり前なんでしょう?
僕はアンティークやデザインもだけれど、ファッションやオシャレにも興味がある。

スニーカー
レイモン(ネオブライス/ハッピーエブリデイ)

ママがね、有名な靴屋さんに頼んであった靴が届いたんだ。

スニーカー

全てハンドメイドの拘りの靴屋さんだから、量産出来ないらしいよ。

スニーカー

すごくカッコいいスニーカーでしょう?

スニーカー

他にマスタード色とエンジがあって、ずいぶんどの色にしようかと迷ったらしいのだけど、僕たち兄弟ならやっぱり紺がいいって、決めたらしい。

スニーカー

最初に僕が履いた。 もちろんルチル(ネオブライス/ハッピーハーバー)や、ルイ(ピックルウインクル)に貸してもいいけど、やっぱりこの靴をカッコよく履けるのは、僕だけじゃない?



PageTop

ルパン三世

我が家のブライス男子ファッションに欠かせないペンダント。 僕はオレンジを選んだよ。

フィアット
レイモン(ネオブライス/ハッピーエブリデイ)

どうかな? カッコいい?

フィアット

僕はファッションやデザイン、アンティークに興味がある。
フランスかイタリアに留学して勉強するつもりだけど、車や建築のデザインなんていうのもいいかもしれない。

フィアット

なんて考えている最中に、ピンポーンって玄関のチャイムが鳴って、郵便局の人が配達に来たよ。

エッ! ルパン三世の車?

フィアット

僕が開けてもいいのかな?

フィアット

新しく届いた車は、宮崎駿さんが映画初監督した、ルパン三世の「カリオストロの城」に登場したフィアット500。

ママはルパン三世のフィアットは黄色と思っていたのだけど、本当はバニライエローだったんだね。
今度映画をDVDで見ないといけないな。

フィアット

このフィアットは実際はカーチェイスなんか出来ないんだけど、そこはマンガの世界だよね。
ものすごいスピードが出るように改造されているらしいよ。
それに、ルパン三世はレーサーとしての腕前も大したものらしい。

そうか、今気が付いたけど、デザインの世界にマンガやアニメも入る?

PageTop

いつかまた

神宮前にあるアンティーク腕時計の専門店ダズリングさんは、パパやママのお仕事仲間のお店。

ダズリング
レイモン(ネオブライス/ハッピーエブリデイ)

今は男性もネックレスやスカーフなど身に着けるけど、一番のアクセサリーは腕時計だよね。

ダズリング

スタッフさんが僕にミリタリーウォッチを見せてくれた。
こんなの嵌めたらカッコいいよね~。

ダズリング

オシャレな人ならバンドにもこだわるよね。

ダズリング

皮や金具も素敵なのが揃っている。

ダズリング

実はね、このお店のオーナーのご主人有竹重治さんは、ママがまだアンティーク・ディーラー駆け出しの頃、ロンドンでずいぶんお世話になったんだって。

ダズリング

ロンドンのマーケットは早朝まだ暗いうちから始まる。
寒い寒い冬の朝、真っ暗な中、懐中電灯頼りにアンティークを見定めていく。
頭がキンキン痛くなるくらい寒かった。

その頃はまだ女性で日本から行く人は少なかったから、真っ暗な中有竹さんがいらっしゃると、すごく心強かったんだって。
ママは腕時計は扱っていなかったけど、有竹さんと挨拶を交わすだけで、何だかすごく勇気付けられたみたい。

有竹重治さんはロンドンにお店を持っていらして、アンティーク・ウォッチでは知らない人がいない。

去年思いがけずこのお店で数十年振りにお会い出来た。
ママが一人前になって仕事を続けている事を喜んで下さった。 ロンドン時代と変わらない優しい顔と声。

それが、10月10日に突然お空の向こうに逝ってしまった。

ダズリング

お店のマスコットのミッキーさん。
キミや僕はずっと生き続けるけれど、人はいつかお別れの時が来るんだね。

ダズリング

でもママはね、有竹さんにバイバイしないんだって。
きっとまたいつか逢って、「よっ!」って言ってくれるって思っている。

有竹さん、いつかまた。


※写真撮影及びブログとインスタへの掲載については、ダズリングさんのご了承をいただいております。

   ダズリング   〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-10-1 1F
             TEL 03-3475-6677     11:00~19:00     水曜定休

     







PageTop

どんぐり帽子

ママが何やらせっせと手を動かしている。

どんぐり帽子
レイモン(ネオブライス/ハッピーエブリデイ)

なあに、これ?
エッ? どんぐり帽子って言うの?

どんぐり帽子と言えば、前にママのお友達のMちゃんが何個か編んでくれたんじゃない?

頂くばかりじゃ…って、いよいよママがトライした。

どんぐり帽子

ママはね、もともと編み物や刺繍をするのは大好き。
以前は365日編み棒を握らなかった事がないくらい手を動かしていたらしいよ。

どんぐり帽子

僕も出来立てのほやほやを被されたけど、どう? ちょっと女の子ぽいんじゃない?

どんぐり帽子

でも、僕はファッションも勉強したいから、色々なお洋服を着こなせるようになりたい。
それに折角ママが編んでくれたんだから…。

どんぐり帽子

イタリア製の段染の糸はきれいだね。 ファッションや美術の勉強なら、イタリアもいいね。

ママは暇を見つけては、せっせと編んでいる。
僕たち兄弟用だけでなく、何やら計画があるみたいだよ。







PageTop