ファムの人形物語

バービー服の生みの親

世界で知らない人がいないくらい有名なバービー。
バービーは1959年に発売されましたが、この発売に向かってこのお人形の洋服が、東京の帝国ホテルの一室で作られていた事はご存知ですか?

アメリカ人のデザイナー、シャーロット・ジョンソンさんと、宮塚文子(旧姓中村)さんのお二人の力で、このバービーのドレスが生まれたのです。

来年はリカちゃんが生誕50周年、この記念の年に日本人形玩具学会では、学会誌でリカちゃんの周辺を取り上げます。
すでにブライスの事ではジュンコ・ウォングさんにインタビューしましたが、宮塚さんのインタビューにも同席させていただく事が出来ました。

バービー
バービー(クールコレクティング)

宮塚さんは注文服の仕立てをしていた腕を見込まれて、当時マテル社の仕事を請け負った国際貿易に25歳で入社。
それからジョンソンさんのアシスタントとして、ジョンソンさんが帰国されるまでの1年の間に、22着と水着1着を作って行ったのです。

バービー

初期バービーの服が、アメリカ人と日本人の二人の女性の共同作業で生み出された事は、それまでの日本とアメリカの関係を考えた時に、感慨深いものがあります。

バービー

宮塚さんのご自宅には、貴重な資料が一杯。

バービー

お部屋にも沢山のバービーが…。

バービー

当時宮塚さんが作った型紙も拝見させていただきました。

バービー

こんな素敵なミンクのコートを着せていただき、ジョンソンさんのお写真と記念撮影。

宮塚さんにとって、バービーやバービー服は自分の娘のような存在だそうです。
一生懸命お仕事に打ち込んだからこそ、バービーは世界中にファンを生み出したのでしょう。

インタビューの内容は、どうぞ来年発行の学会誌でお読みください。
学会誌は会員でなくても購入できます。 発行されましたら、またお知らせいたします。


※写真撮影及びブログとインスタへの掲載については、関係者のご了承をいただいております。


     日本人形玩具学会    TEL 03-3851-0188 





スポンサーサイト

PageTop

Pink Holiday

仲良し3人でプチ女子会。

Pink Holiday
左:Yちゃんのバービーさん  中:Cちゃんのバービーさん  右:バービー/クールコレクション

この日遊びに行ったのは、桜木町にあるPink Holiday さん。

このお店を見つけてくれたのは、Cちゃん。

Pink Holiday

情報通り、バービーが一杯飾ってある中で、お茶が飲めます。

Pink Holiday

お店の方のお許しを得て、私たちもこんな風に仲間入り。

一番右はヒヨコちゃん(ネオブライス/ハイホーマリーン)
真ん中のミディブライスはYちゃんとこのお嬢様。
その横の赤い服のリカちゃんは我が家から。 そしてその右ピンクの服のリカちゃんもYちゃんのお家のお嬢様。

バービーと他のお人形は、本当に体形が違うわね。

Pink Holiday

バービー色のピンクの店内で、ママたちはランチを食べながら、おしゃべりを楽しんでいたわ。

沢山写真を撮ったので、この続きはまた明日。 今度はヒヨコちゃんが報告するわ。


     Pink Holiday 〒231-0065 横浜市中区宮川町2-49 桜木町TSビル 2F
               TEL 045-315-6711

※写真撮影及びブログ掲載については、関係者の許可をいただいております。


※今日、明日は浅草の都立産業貿易センターで開催されているドールワールドフェスティバルに出店しています。
  ファムのブースはH8です。 是非遊びにいらしてください。


PageTop

カフェ・バー・ビーさん

以前から行きたいと思っていた cafe BAR-B(カフェ・バー・ビー)さんに、@nai さんのご案内で伺いました。

バービー
バービー/クールコレクティング

はじめまして。 ママのお家に養女に来て、ずっと大人しくしていたけれど、やっと私の出番が来たわ。

バービー

カフェ・バー・ビーさんは、名前がカフェとなっているけれど、バービーの専門店です。
以前飲食店を経営なさっていた事から、この名前になさっていらっしゃるよう。
掛詞のおしゃれな店名です。

お店の中は、ヴィンテージから現代に至るまでのバービーが満載!

バービーのコレクターでなくてもワァ~っとなるはず。
ママも目を丸くしていたわ。

バービー
パルコ(ネオブライス/パルコリミテッド)

一緒に行ったパルコさん(ネオブライス/パルコリミテッド)は、スーパーモデルのバービー達に圧倒されていたわ。

バービー

バービーはブライスより先に登場したのよね。
ブライスはわずか1年で製造中止になって、そして今世紀になって日本で再登場したのだけれど、バービーはずっと続いて製造され、ファンクラブまであるのよね。 すごいでしょう?

バービー

カフェ・バー・ビーさんはビルの2階にあります。
階段の脇には、こんなジオラマがあって、お客様をお出迎え。

バービー

バービー大好きな、おしゃれなオーナーが経営されているお店。 全国からファンが来るのも頷けます。

バービー

ママもオーナーとお話しさせていただいて、本当に楽しそうだったわ。

バービー

バービーのコレクターでなくても、お人形好きな人にはたまらないお店です。
きっとママはまた何か探しに行くわね。


     cafe BAR-B   〒133-0056 東京都江戸川区南小岩7-31-12 2F
              TEL 03-5612-3982


※写真撮影及びブログ掲載については、カフェ・バー・ビーさんのご了承を頂いております。







PageTop