ファムの人形物語

ガレット・デ・ロワ

クリスマスケーキは、日本では12月25日を過ぎると姿を消しますが、パリではツリーと同じく新年まで売られています。

新年になるとどこのお菓子屋さんでも登場するのが、ガレット・デ・ロワ。

ガレット・デ・ロワ
プーキー(カスタムネオブライス/dafnery カスタム)  ジューン(dafnery カスタム)

1月6日の公現祭に食べられるお菓子で、中にフェーヴという小さな焼き物が隠されています。

取り分けられた中にフェーヴが入っていた人は、その日王様になれ、王冠を被ってみんなから祝福されます。

ガレット・デ・ロワ
トロワグロ

代官山でアンティーク・ショップを開いていた頃は、お客様のお一人がこのフェーヴのコレクターで、毎年何台も買うのでとても食べきれないからと、1台丸ごとプレゼントして下さっていました。

フランスでも買った事がないガレットを、今年は生まれて初めて自分で買いました。
新春のお祝いです。

ガレット・デ・ロワ

はじめ何だろうという顔をしていたプーキー(ネオブライス/dafnery カスタム)とジューンですが、プーキーはフェーヴを引き当てて大喜び!

ガレット・デ・ロワ
のぞみ(さくらんぼカレンカスタム)

そこへのぞみ(さくらんぼカレンカスタム)が乱入です!

わーい! とったどー!

他の姉妹たちは皆仲がいいのですが、この二人に関しては、大きくなるまで姉妹げんかが繰り返されそうです。
まあ、仲がいい証拠でしょう。

フェーヴ

何年前からか、日本はこのフェーヴをうっかり小さいお子さんが飲んでしまったら大変と、ガレットの中に入れずに別添えするお店も増えました。

今回買ったトロワグロもそう。
ガレットに添えられた袋の中に入っていたのは、犬のフェーヴでした。

別添えになっていると、王様はどのように決めるのかしら?
くじ引きかじゃんけんでもするのでしょうか?

パリでこの日に、ふわふわしたピンクのドレスに王冠を被った可愛い女の子とすれ違った事があります。

童話の中から出てきたような、素敵な王女さま。
懐かしい思い出の一コマです。












スポンサーサイト

PageTop

Cafe 1894

美術鑑賞の後は、お決まりのカフェタイム。

チョコレートケーキ
プーキー(カスタムネオブライス/dafnery カスタム)

三菱一号館美術館の建物には、明治期に銀行の営業室として使われていた空間を復元したカフェがあります。

たまには丸の内界隈の他のカフェに行こうと思うのですが、便利がいいのと、美術展に因んだデザートがあったりするので、この日もここでお茶になりました。

ロートレック展に因み、「ロイ・フラー嬢へのオマージュ」と題したケーキプレートがありました。

フランボワーズのクリームとチョコレートが層になっているケーキと、チョコレートアイスクリームがセットになっていて、濃厚なお味。
版画の世界をさまよって疲れた体に、甘い物が染みて行きます。

Cafe 1894

天井が高いのは、いいですね。

Cafe 1894

プーキーはキラキラのクリスマスツリーが気になるようです。

今年はあと1ヶ月ちょっとになりましたが、まだまだ気になる美術展があります。
あと一つくらいは、見にお出掛け出来るかしら?

PageTop

ロートレック展

久しぶりのプーキーとのお出掛けは、三菱一号館美術館へ。

ロートレック展
プーキー(カスタムネオブライス/dafnery カスタム

来年1月8日まで、「パリ グラフィック ロートレックとアートになった版画・ポスター展」が開かれています。

19世紀末に花開いた版画芸術。 専門とするジャンルだけに、見逃す訳に行きません。

ロートレック展

何にでも興味を示すプーキーも、目をキョロキョロさせていました。

今はどこの美術展でも、こうして写真を撮れる部屋やコーナーを設けていますね。
それでも、海外の美術館なら、フラッシュ無しなら、ほとんどの作品を撮れるのには敵いません。 
やはり子供の頃から芸術に向かい合う時のマナー教育が、日本はまだまだ足りないのでしょう。

ロートレック展

この撮影可のお部屋の壁には、ベル・エポックのパリ風景が…。

ロートレック展

出口の方には、こんな撮影コーナーがありました。

ロートレック展

ロートレックが愛した歓楽街の女性たちは、プーキーにはまだ早いですね。

今回の展覧会では、ロートレックだけでなく、その時代の作家作品が多く紹介されていました。
キラ星の如くに、優れた芸術家が沢山いた時代だったのですね。


PageTop

クリスマスシーズン

11月も下旬になり、寒くなってきましたね。
皆さまお変わりありませんか?

プーキーに温かな恰好をさせて、お出掛けしました。

丸の内クリスマス
プーキー(カスタムネオブライス/dafnery カスタム)

目的は美術館だったのですが、丸の内界隈では、花をテーマにしたクリスマスディスプレイが展開されていました。

幸い人もあまりいなかったので、プーキーをゆっくり記念撮影出来ました。

丸の内クリスマス

フラワーアーティストのニコライ・バーグマンという方の作品だそうです。

丸の内クリスマス

この日は別にこのクリスマスイベントがお目当てではなかったのですが、美術館のあるスクエアにも作品の展示があり、思い掛けずクリスマス気分を味わう事が出来ました。

写真からも冷たい外の空気が伝わるようですね。

どうぞ皆さま風邪に気をつけて、楽しいクリスマスシーズンをお過ごしください。



PageTop

いたずら三つ子

昔から絵本や童話は大好きで、一時期懐かしい童話を集中して読んだ事もあります。
最近はフランスの民話を読んだりもしているのですが、来年の4月に開く銀座ビスクドール展は、この童話の世界をテーマにしています。

いたずら三つ子

この絵本はつい最近取り寄せて読んだもの。

1983年にフランスの雑誌「マダムフィガロ」に連載されたというのですから、子供の為というより、ママのために書かれたお話なのでしょう。

お子さんをお持ちの方なら誰でもがクスッとしてしまう、子供の日常が描かれています。

いたずら三つ子
プーキー(カスタムネオブライス/dafnery カスタム)

そして何故今頃この絵本を読んだかと言うと、2005年にエルメスのスカーフに登場しているのです。

私はエルメスのスカーフは、香水瓶や扇、ビスクドールなど、自分が扱った物が描かれているものを集めているのですが、このスカーフは購入した時は何故か絵本にまで気が回りませんでした。

その頃はアンティーク・ディーラーとして頻繁にヨーロッパに行っていたのに、現地で絵本を探すまでのゆとりがなかったのでしょう。 もったいない事をしました。

いたずら三つ子

絵本に登場する三つ子ちゃんは、パリ15区に住むいたずらっ子。
15区は私の自宅がある場所なので、よけいに親近感が湧きます。

ママの提げているバッグはグッチかな?とか、おじいちゃんがレジオンドヌール勲章をもらっているとか、フランスならではのエッセンスが振りかけられていて、なかなか楽しい内容なのです。

そして、私の大好きないたずらっ子。
我が家にもブライスのいたずらっ子が勢揃いしています。

エルメス

このエルメスのスカーフは確か日本で購入したのだと思いますが、ピンクとブルーの2枚を持っています。
スカーフは寒がりの私の必需品。 ブルーは散々愛用して、首に当たる所は汚れて人には見せられない状態に…。

ピンクは持っていてもなかなか着ける機会がありませんでしたが、お人形のファンはピンク好きが多いですよね?
今年は気分を変えて、ほんわかピンクを愛用する事にしましょう。








PageTop