ファムの人形物語

お人形の輪

ピンクの薔薇が飾られた可愛い封筒には、何が入っているの?

人形の輪
マリリン(プチブライス/ハリウッド)

クラシック・ビスクドール作家の畠中光子さんが、ブログ「Myka Family」をしている事は知っていたけれど、私たちブライス姉妹がたくさん登場しているなんて

ママは画面を見てキャーキャー言っていたわ。 だって、手作りの素敵なお洋服が次々登場しているの

人形の輪

ママはすぐ電話して、可愛いお洋服の感想を話したのね。

そうしたら…こんな素敵なクロッシェ・レースのワンピースが届いた

淡いベージュの糸で編んだ、パンジーのお花が沢山付いているの。 
ワンピースの右端に付いているブーケは、ヘッド・アクセサリーよ。 取り外しできるようになっているの。

人形の輪

ママはクロッシェ・レースには特別な思い入れがあるらしいわ。
だから、新刊『PARIS モードと人形』(創樹社美術出版)の特別制作に、ニットの貴公子 広瀬光治さんにクロッシェ・レースをお願いしたのね。
この本に、畠中さんのビスクドールも掲載されているわ。

一針、一針丁寧に編まれたドレス。 ママはこれを誰に着せるのかしら?

ビスクドール・ファンの方たちに、ブライスが少しずつ伝播されている。
逆に、ブライス・ファンの人たちに、ビスクが伝わって行くといいなぁ…。

お人形の楽しい輪がどんどん広がりますように












スポンサーサイト

PageTop

銀座ビスクドール展 始まりました!

第2回銀座ビスクドール展、始まりました!
今日と明日の二日間、銀座十字屋ホールにて、10:00~18:00、入場無料です。

ビスクドール展
マリリン(プチブライス/ハリウッド)

折角ビスクドールさんをバックに写真を撮ったのに、髪がボサボサだわ。
ママのお手伝いをちゃんとしたのよ。
すごーく忙しかったんだから…。 

ビスクドール展

会場には、今日本で一番エネルギッシュなクラシック・ビスクドール作家30名による力作が、約200点勢揃いしています!

写真に写っていない作品も沢山ありますよ。

ビスクドール展

メインホールの奥、第二展示室には、ニットの貴公子広瀬光治さんが特別制作した、「糸の妖精」が展示されています。
ビスクドールは田中文子さんの制作です。

ビスクドール展

そしてこのお部屋の一番奥のガラスケースには、恋月姫さんが特別制作した「蝶々夫人」が皆様のお越しをお待ちしています。

PARIS モードと人形

今回の展示会は「PARIS モードと人形」の出版記念です。
この展示会に参加した作家さんの力作が掲載されているほか、もちろん広瀬さんの「糸の妖精」や、恋月姫さんの「蝶々夫人」も収録されています。

4月1日の全国書店販売に先駆け、会場で販売しています。(税込3.240円)

ベル・エポック期のファッションと人形との関わりが解説されていますので、是非会場でお手に取ってご覧ください。
アンティーク・ドールの写真も満載です。

ママもずっと会場にいるから、お声を掛けてくださいね。
受付で「ブライスのママ」とお呼び出しください。

ビスクドール一同、皆様のお越しをお待ちしております。

銀座 十字屋ホール 〒104-0061 東京都中央区銀座3-5-4 十字屋ビル9F
              TEL 03-3561-5250




PageTop

はじめまして

はじめまして。 プチブライスのマリリンよ。
本当の名前はハリウッドっていうらしいわ。

マリリン
マリリン(プチブライス/ハリウッド)

私はハリウッドの大女優マリリン・モンローさんをイメージして作られたらしいの。
だからママがマリリンって名前を付けたのよ。

マリリン

1950年代から60年代に大活躍したモンローさん。
セクシーで可愛くて…

男性だけでなく、女性にも大人気。

マリリン

せっかくレッド・カーペットが敷いてあるのに、歩けない。
私は初期のプチブライスだから、手足が動かないの。
お目めも閉じないから、素敵な男性を見ても、ウインク出来ないわ。

でも、私を見てくれる人に、心からの投げキッスをいっぱい送るわ

PageTop