ファムの人形物語

名古屋にて

一昨日名古屋へ行ったのは、ママが所属する日本人形玩具学会の名古屋支部の大会に参加したの。

大会でママの研究テーマでもある青い目の人形と答礼人形の講演や研究発表があったため、名古屋まで行く事にしたのよ。

ミス愛知
ミント(ネオブライス/アイラブユーイッツトゥルー)

大会の会場は名古屋市博物館。 丁度「青い目の人形と答礼人形 里帰り展」が開かれていました。

ミス愛知

里帰りしたミス愛知は、平田郷陽の作。

ミス愛知

里帰りして、修復され、こんな立派な姿でお披露目です。
この修復には、日本人形玩具学会の会員の方々のお力が加わっているそうです。

平田郷陽

さすがに郷陽さん。 いいお顔です。

青い目の人形

会場には、愛知県で見つかった10体の青い目の人形も展示されていました。

青い目の人形

中にアーモンド・マルセルのビスクドールもいました。 
青い目の人形としてビスクドールを見るのは初めてです。

名古屋

博物館の中に、金の鯱鉾の模型が飾ってありました。

名古屋

今回は日帰りなので、名古屋城に足を延ばす時間はありません。

山車

山車も飾ってあったわ。

名古屋は明治村とかノリタケミュージアムとか、行きたい所が色々あるのよね。
飛騨高山もまた行きたいな。

博物館の1階では、ゴジラ展をやっていました。 夏休みは終わったのに、土曜日だったのですごい行列。
それに比べ、里帰り展の方はお子さんの姿は見当たりませんでした。
人形が背負った歴史をこれからどのように伝えて行くのか、課題を与えられたように思います。

里帰り展は9月10日まで。 お近くの方は是非どうぞ。
   名古屋市博物館  9:30~17:00
       〒467-0806  名古屋市瑞穂区瑞穂通1-27-1
       TEL  052-853-2655


※写真撮影及びブログとインスタグラムへの掲載については、関係者のご了承を頂いております。

スポンサーサイト

PageTop

新幹線でお出掛け

昨日ママのお仕事で、一緒にお出掛け。

新幹線
ミント(ネオブライス/アイラブユーイッツトゥルー)

行先は名古屋。 朝早く起きたわ。

新幹線

ママは新幹線に乗るのは、京都での撮影以来…と、ちょっと感慨深げ。
とりあえず、車内でモーニングコーヒーをゆっくり飲んだわ。

ペコラちゃん
ペコラちゃん

名古屋での用事を済ませて、夜東京に戻ったの。

東京駅構内で3日(日)まで開催の、ペコラちゃんのイベントに駆け込みで間に合った。

ペコラちゃん

あなたって、やっぱり食いしん坊の顔しているわね。

ママは知っている方へ送るお土産を物色していたわ。
ミルキーはママの味

名古屋でのレポは、また明日にでも…。


※写真撮影及びブログとインスタグラムへの掲載については、関係者のご了承をいただいております。

PageTop

イヴォンヌちゃん

南青山のビリケンギャラリーで11月2日(水)まで開催されている、ヒロタサトミさんの合同造形展。

お訪ねした目的は、もちろんヒロタさんの作品を拝見するためですが、実はもう一つ目的がありました。

イヴォンヌちゃん
ミント(ネオブライス/アイラブユーイッツトゥルー)

ヒロタさんとのご縁はこのイヴォンヌちゃんからでした。
以前このブログでご紹介しましたが、最初の発売の時に、偶然お目に掛かりました。

今回ビリケンさんでの展示会の折に、このイヴォンヌちゃんが販売されるとお聞きして、久しぶりにお顔を見に出掛けたのです。

イヴォンヌちゃん

イヴォンヌちゃんは身長32.5センチ。 顔や体はハード・プラスチックで出来ています。

9箇所にジョイントがあり、アンティーク・ドールのようにゴムでつながれているのですが、自立も出来ます。

イヴォンヌちゃん

ハード・プラスチック製とは言え、全部ヒロタさんが一つずつ仕上げているので、お顔は全部違います。

アンティーク・ドールのS.F.B.J.のような雰囲気を持つ、イヴォンヌちゃん。
お着替えなどさせて、手軽にお人形を楽しんでほしいとの思いから生まれた、ヒロタさんのファッション・ドールです。

イヴォンヌちゃん

お洋服はmidinett minuit という、ドレスメーカーが担当しています。

現在年に数回、数体ずつが抽選販売されています。
夢見るイヴォンヌちゃん、今後の展開が楽しみです。

そして、ファムや人形のファンの方に、うれしいニュースがあるのですが、発表はもう少し先にしますね。


※写真撮影及びブログ、インスタへの掲載については、関係者のご了承をいただいております。






PageTop

ヒロタサトミさんの創作人形

気になっている人形作家さんのお一人、ヒロタサトミさんの合同造形展を拝見しに行って来ました。

ヒロタサトミさん
ミント(ネオブライス/アイラブユーイッツトゥルー)

今回は「EMPTY CHILD」と題し、ハロウィンを意識した、ちょっとダークな趣向です。

ビリケンギャラリー

場所は青山の骨董通りをちょっと入った所にある、ビリケンギャラリー。
ブリキやセルロイドのおもちゃを扱う、有名なアンティーク・ショップです。

お店の方のお許しをいただいて、店頭で写真を撮らせていただきました。

ヒロタサトミさん
ヒロタサトミさんの作品

アンティークもお好きなヒロタさん。 今回はアンティーク・ドールのボディを使用した作品もありました。

シュールな童話の世界のよう。

糸を吐く糸巻きの妖精のお人形が可愛かった。 ミシンのあるアトリエにこんなお人形があったら…。

ヒロタサトミさん
ヒロタサトミさんの作品

大きなお人形。 お人形の写真を撮るのは難しいですね。

ヒロタサトミさん
ヒロタサトミさんの作品

双子の女の子はパペットになっています。

オカムラノリコさん
オカムラノリコさんの作品

Harumaさん
Haruma さんの作品

今回は3人で一つのテーマに取り組んでいます。
こうして、お目当ての作家さん以外の方の作品を拝見できるのも、合同展の魅力ですね。

この展示会は11月2日(水)まで。

実はこの展示会を見に行った目的はもう一つあります。
その事は明日に。


※写真撮影及びブログ、インスタへの掲載については、関係者のご了承をいただいております。

     ビリケンギャラリー   〒107-0062 東京都港区南青山5-17-6-101
                    TEL 03-3400-2214


 

PageTop

ドールワールドフェスティバル 2

ドールワールドフェスティバルの2日目には、私たちがお店番に行ったの。

ドールワールド
イヴェール(ネオブライス/ハリウッド)     ミント(アイラブユーイッツトゥルー)

イヴェールさんは、ママがアンティークビーズやヴィンテージのスパンコールを縫い付けたワンピースを着て…。
私はリリアン・マフラーのモデルさんよ。

ドールワールド
アンティークのポストカードやクロモス

今回はアンティークのクロモ(クロモス)が人気だったわね。

ドールワールド
ウィル・ザ・サークルさんのブース

このフェスティバルはママだけでなく、アンティークやヴィンテージを扱うディーラーさんが多く出店されています。
テディベアを扱うウィル・ザ・ワールドさんもその一人。
可愛いぬいぐるみが一杯

ドールワールド
レトロポップベビーさんのブース

復刻版のセルロイド人形や、レトロな物が一杯のレトロポップベビーさん。
目の前のお店だったので、ママは何回も見に行って、可愛いものを色々買ったみたいよ。

ドールワールド
セサミブレインズさんのブース

こちらはアンティーク・ドールを扱うセサミブレインズさん。 お人形の修理もなさっています。

ドールワールド
Bear's Kiss さんのブース

Bear's Kiss さんは、お隣だったので、今回親しくお話しさせていただきました。
イギリスの話は懐かしかったわね。

ドールワールド
Bear's Kiss さんのブース

ママは昔アンティークやヴィンテージのベアも扱っていたの。
イギリスには思い出が沢山ある。

ドールワールド
Bear's Kiss さんのブース

また何かテディベアの企画もしたいって言ってるよ。
今年9月に銀座かねまつホールで開く、第3回銀座ビスクドール展には、ミニチュアテディベアアーティストの吉田千鶴さんが出展するの。 今から楽しみね。

ドールワールド
Aさんのお嬢様方と、Bear's Kiss さんのベアちゃんを交えて

今回のフェスティバルには、本当に沢山の方がいらしてくださったわ。
ママは会いたいとずっと思っていた方が、わざわざ訪ねて下さったので、大感激していた。

暑い中お越しいただき、本当にありがとうございました。

また、関係者の方々には本当にお世話になりました。 またどうぞよろしくお願い致します。


※写真撮影及びブログ掲載については、関係者のご了承をいただいております。

PageTop