ファムの人形物語

活人形 谷汲観音像

今回の熊本旅行には、もう一つ目的があったの。

浄国寺
イヴ(ネオブライス/モンドリアン)

みなさんは生人形(いきにんぎょう / 活人形とも表記する)をご存知ですか?

生人形っていうのは、江戸時代後期から明治時代にかけて作られた、生きている人間と見紛うくらいリアルな人形の事で、見世物として流行ったのね。

生人形師として有名な松本喜三郎の代表作、谷汲観音像がここ熊本の浄国寺に収められているのは前から知っていて、ママはチャンスがあれば見たいと思っていたの。

浄国寺

とは言っても、熊本は遠い。
今回は絶好のチャンスだったけど、それでもどのくらい時間が余るかわからなかったので、当日まで行けるかどうかわからなかったの。

ホテルからタクシーでお寺まで。 お寺とは前日電話で確認を取っておきました。

浄国寺

お伺いして、ご住職の奥様にお話を伺う事が出来ました。 想像以上の作品に、ただ息を飲むばかりでした。

写真は撮らせて頂きましたが、SNSへの投稿は遠慮していただきたいとの事だったので、浄国寺のホームページをここに貼り付けておきます。

浄国寺 → ここをクリック

今回お話しをお聞きして、この作品に対しての認識が改まりました。 やはり実際の物を見なければダメですね。

JAL

境内に待たせてあったタクシーで急ぎくまもと空港へ。

今回の旅行は色々なエネルギ―をもらいました。

次熊本に来るのは、来年3月。 今度はロラン・ドガレイユさん(ヴァイオリン)とジャック・ルヴィエさん(ピアノ)のコンサートです。
3月6日に熊本市民会館 シアーズホーム 夢ホールで開催です(熊本シティオペラ協会主催)。

その時には、誰がこのくまモンの恰好で来るのかなぁ?

富士山

飛行機の窓からは富士山が見えました。

来年も沢山ワクワクする経験が出来ますように。






スポンサーサイト

PageTop

新作オペラ 笛姫

熊本へ行った目的は、新作オペラ「笛姫」を見るため。

オペラ
イヴ(ネオブライス/モンドリアン)

このオペラは、熊本シティオペラ協会 さんの30周年記念公演 第3弾として開かれたの。

協会を率いる佐久間伸一さんは、パパとは古くからのお知り合い。
パパが企画したサロンコンサートなどに、佐久間さんや団員の方々が東京まで出向いて出演して下さった事もあって、この日は私たちが東京から熊本に応援に駆け付けたのよ。

オペラ

熊本県立劇場は、立派な施設だったわ。

それに、地元の阿蘇を題材にしたオペラは、歌手の方々のお声も素敵で、ママはうっとり聴いていたわね。

熊本

翌朝ホテルのお部屋から見た風景。

熊本

わざわざ熊本城が良く見えるお部屋を取ったのだけれど、地震で被害にあった所を修復するために、櫓やクレーンに囲まれていました。

熊本

まだまだ被害が残っている中で、ああしてオペラを開催されるって、すごい。

熊本

歌や芸術への情熱を、熱く感じた熊本滞在になりました。

PageTop

テディベアのクリスマスツリー

阿蘇くまもと空港からホテルまでは、タクシーで移動。

ホテル日航熊本
イヴ(ネオブライス/モンドリアン)

こんな大きなクリスマスツリーがお出迎えしてくれました。 私がちゃっかり座っているのがわかるかしら?

ホテル日航熊本

クリスマスツリーの根元を囲むベアたちは、ホテルの従業員さんたちが所蔵する物なんですって。

ホテル日航熊本

くまモンがいなかったのは残念だったわ。

ホテル日航熊本

私はこんな恰好をさせられたけど、やっぱりこのスタイルで熊本入り出来て良かった!

ホテル日航熊本

キラキラに囲まれて、幸せな気分。

ホテル日航熊本

お部屋に入らないで、ずっとここにいたかったわ。

PageTop

熊本へGO!

10日の日曜日に熊本へお出掛け。

くまモン
イヴ(ネオブライス/モンドリアン)

何だか予感がしていたのよ。 絶対この格好をさせられるって!

くまモン

私の気持ちなんてそっちのけで、ママは「くまモ~ン」て、浮かれている。

羽田

まあいいわ。 飛行機に乗って、熊本に行かれるのだから…。

ラウンジで大きな窓から、飛行機をいっぱい見たわ。

羽田

いよいよ出発よ!

熊本

そして、阿蘇くまもと空港で、大きなくまモンのパネルとご対面。

熊本に何しに来たのかって? それは、じっくりお話しするわね。
沢山写真を撮ったので、お楽しみに~

PageTop

美術展

久しぶりに上野の森に、美術展を見に行ったの。

上野の森
イヴ(ネオブライス/モンドリアン)

お天気のいい日曜日だったから、上野の森は人で一杯!
みんなどこを見に行くのかしら? 家族連れは動物園かしら?

私が行ったのは、「フランス人間国宝展」。 15人の匠の作品を見たわ。
仕方ないけれど、作品保護の為に照明を落としてあって、刺繍の色がよくわからなかったりしたのは、残念!

ママはパリで長年色々な物を見ているから、もうちょっと作品が沢山見たかったみたい。

それでも、久しぶりの美術館、楽しかったね。

上野の森

秋が深まって、もう冬ね。

寒くなるとお出掛けが億劫になるけど、私たちブライスは寒さには強いから、半袖でもへっちゃらよ。

年内は見たい美術展が目白押しだから、きっと上野の森もまたすぐ来るわね。

PageTop