ファムの人形物語

ひいな

ママが小さな箱を笑顔で見ている。

鬘人形
マユ(ミディブライス/コンテッサ・マルゲリータ)

箱の表に、英語で「三つ鬘がある鬘人形」と書いてある。

鬘人形

MADE IN JAPAN と書いてある事から、このお人形が外人さん向けに作られた事がわかるわ。
日本の玩具が盛んに海外に輸出された、大正から昭和初め位の品じゃないかしら。

鬘人形(鬘着せ替え人形)は、豆市松と鬘が入っているのが普通だけど、このセットは珍しく、鏡台やお針箱、提灯や春駒(馬の乗り物)も入っている。

鬘人形

蓋の裏側には、それぞれの髪型の説明が付いているわ。

高島田、手古舞、下地髷の説明がされているのだけれど、高島田は私もわかるけど、あと二つは知らないわ。

調べたらね、手古舞はお祭りの時に、芸妓さんが男装をして木遣りを歌ってお神輿の先導をする時の舞の事らしいわ。
付いている黒骨の扇は、この扮装の時の小道具らしい。

そして、下地髷は、踊りのお師匠さんや、歌舞伎役者さんが結った髪型。

こうした日本髪の事は、私たち日本人もわからなくなってしまうわね。

鬘人形

このセットがすごいのは、こんなに小さくても、鏡台やお針箱の引き出しが全部開くの。

提灯行列は、このお人形が作られた当時は、祝賀の行事の時には必ずと言っていいほど行われたのよね。
このお人形の提灯はセルロイドで出来ているわ。

鬘人形

小さな豆市松。 お顔はお雛様の五人囃子みたいね。 でもきれいなお顔をしているわ。

小さなお人形は子供や女性はどの時代でも、どの国の人でも大好き。
ビスクドールの世界では、やはり小さなお人形 ミニョネットがあるわよね。
ポケットサイズのお人形は子供の宝物。

今年の我が家のお雛様は、この子を囲んで祝いましょう。




スポンサーサイト

PageTop

初詣

葛飾区郷土と天文の博物館にセルロイド展を見に行った帰りに、ちょっと足を延ばし、柴又の帝釈天に寄ってみました。

柴又帝釈天
マユ(ミディブライス/コンテッサマルゲリータ)

帝釈天と言えば、映画寅さんの舞台となった所としても有名ですよね。

実は以前来た事があるのですが、その時には時間が遅く、境内に入れませんでした。

柴又帝釈天

予期せぬ初詣となりました。

柴又帝釈天

今回は本堂の一番奥まで上がってお参りし、その後内殿の外側の彫刻と庭園を拝観しました。

柴又帝釈天

彫刻ギャラリーと書いてあったので、どんなものかと思ったのですが、次にここを訪ねるのはいつになるかわからないので、とりあえず…という位の気軽な気持ちでチケットを買ったのですが…

柴又帝釈天

柴又帝釈天

百聞は一見にしかずの言葉通りの、素晴らしいものでした。

帝釈天は参道のお団子屋さんはよく旅番組で登場しますが、この彫刻の事は全く知りませんでした。

柴又帝釈天

東京もいい所が沢山ありますね。

柴又帝釈天

私もお着物でお参り出来て良かったわ。

柴又帝釈天

回廊を通ってお庭を拝見。
日本庭園を眺めると、心が穏やかになりますね。

今年も出来る限り、色々な所を見に行くつもりです。
次のお出掛けはどこになるのかしら?


※写真撮影及びブログとインスタへの掲載については、関係者のご了承をいただいております。

PageTop

セルロイド展

昨年11月から葛飾区郷土と天文の博物館で開かれていた、「セルロイドの町かつしか」展を見に行って来ました。

セルロイド
マユ(ミディブライス/コンテッサ・マルゲリータ

早くからYちゃんから案内を頂いていたのに、会期ぎりぎりになってしまいました。

セルロイド

セルロイドは子供の頃のお祭りのお面や薄荷パイプなどを思い出し、何となくノスタルジックです。

それに、代官山でアンティーク・ショップを開いていた頃には、ずいぶん色々な品を扱いました。
珍しくて人気の物を入手すれば、すぐに買い手が付いた、骨董のバブルの時代です。

セルロイド
館内に大きな熊手が飾ってありました

会場には、知り合いのセルロイドドリーム 平井さんの作業風景などのビデオや展示もあり、平井さんの真面目なお人柄ならではの仕事ぶりをじっくり拝見しました。

日本のセルロイド産業は一時世界で一番の生産量を誇ったのですが、可燃性が問題になり、アメリカの法律で規制されるようになると、一気に他の合成樹脂素材にその座を譲る事になったのです。

手作業に頼る懐かしい玩具が少しずつ姿を消しているのは残念ですが、平井さんが作るセルロイド人形はテレビドラマの小道具にも使われ、旅番組の取材もあり、また密かなブームが続いているようです。
いつまでもお元気で作り続けていただきたいです。

PageTop

和の色

昨日はママのお仕事の用事に付いて、目白のLUNCOさんへ。

ランコ
マユ(ミディブライス/コンテッサ・マルゲリータ

古布やアンティーク着物を扱うランコさんは、このブログの読者の方にはもうお馴染みですね。

ランコ

昨日は「紅紫/べにむらさき」という展示販売会の初日。(25日まで。)
朝から雨の生憎の天気にも関わらず、開店前からお客様が並んでいました。

ランコ

しかもね、お客様のほとんどが、素晴らしいお着物姿。 目の保養をさせていただきました。

ランコ

紅色と紫色に焦点を当てた展示会。
色の魔力にとりつかれました。 女性だったら、この色の領域が嫌いなはずないですよね。

ランコ

お着物以外にも、帯締め、帯揚げ、半襟、端切れ等々。 好きな人にはたまらないお店です。

ランコ

今日は展示会の名前の「紅紫」に相応しいお着物を着ている私がお供に選ばれたの。
こんなきれいな布の上でお写真撮れてうれしいな。

ランコ

もともとお着物好きなママ。 ずっとお店にいたらとんでもない事になるわ。
後ろ髪引かれながら、お店をあとにしました。


※写真撮影及びブログ掲載については、LUNCOさんのご了承をいただいております。

     LUNCO  東京都豊島区目白3-14-8 1F   TEL 03-3954-3755







PageTop

アートアクアリウム 2015

日本橋三井ホールで開かれている、アートアクアリウム 2015を見に行って来ました。

アクアリウム
マユ(ミディブライス/コンテッサ・マルゲリータ)

写真撮影がOKだったので、色々撮って来ました。(お聞きして、ブログ掲載の許可もいただいてあります。)

アクアリウム

水槽の中には、色々な金魚が一杯!

ライトで水槽が様々な色に変わります。

アクアリウム

フラッシュを使ってはいけないので、私の顔は影になってしまうわ。

アクアリウム

泳ぐ金魚を撮るのは、難しい…。

アクアリウム

小さな水槽だけでなく、巨大な蓮の花型の装置も…。

ゆらゆらと金魚が泳ぐ姿は、幻想的です。

アクアリウム

夏休みも終わる時期なのに、会場はすごい混雑。
私たちが出た後には、入場制限が付いたみたいです。

アクアリウム

大好きな金魚が色々見られて良かった

あんなに混んでなかったら、もっとゆっくり夢の世界に浸れたのだけれど…。

この催しは、9月23日まで。 夜間の観覧も出来ます。 
アートアクアリウムで検索すると、ネットで情報が出ますよ。





PageTop