ファムの人形物語

ウエスタンブーツ

この前デニムのオーバーオールを買ったお店から、ウエスタンブーツが届いた。

ウエスタンブーツ
マーゴ(ネオブライス/マーゴユニークガール)

見て~! ハラコのブーツよ

ウエスタンブーツ

このお店は、ラッピングもカッコいいの。

ウエスタンブーツ

オーナーさんがカッコいい方だものね。

ウエスタンブーツ

ドクターマーチン風のブーツもいいけど、こっちも素敵でしょう?

実はね、ママは20代の頃ヴィンテージのウエスタンブーツにはまって、横須賀まで買いに行ったんだって。

その後原宿の竹下通りに、共同経営で古着屋さんを開いていた事もある。
その時アメリカでも1足黒のリザードのウエスタンブーツを買って来たのよ。

だからウエスタンブーツにはちょっとうるさいの。

ウエスタンブーツ

ハードに決めるんじゃなく、ちょっと女の子らしい着こなし。 どうかしら?

オシャレなカフェで、ガールズトークを楽しむわ。



スポンサーサイト

PageTop

楽しいおしゃべり

昨日ママは初めてお会いする方とブライスデートだったの。

帝国ホテル
パルコ(ネオブライス/パルコリミテッド)

指定された場所は、帝国ホテル。 ね、これだけでも素敵な方ってわかるでしょう?

帝国ホテル

本館ロビーには菊をアレンジした大きな盛花。

こんな洋風なアレンジもいいわね~。

帝国ホテル

ママとその方とは、前からの知り合いみたいにおしゃべりが弾んだの。

もっと色々お話したかったって。 きっとこれから仲良しになるわね。

ホテルの別のフロアーに、こんな秋らしい生け花があった。
しっとり落ち着いた大人の秋。

秋の楽しみがいい形でスタートしたわ。


PageTop

ハロウィン

ママは自分では黄色は着ないけど、私たちブライスにはこの色やオレンジが気になるみたい。

ハロウィン
フリマ(ネオブライス/プレイフルレインドロップス)

特に私はテレビコマーシャルのイメージが強いらしくて、あのCMで着ていた黄色の衣装が忘れられない。

ハロウィン

誰か作ってくれる人、いないかしら?

ハロウィン

わぁ! ベビーパンプキン!

そうか、今月末はハロウィンね。 ディズニーランドとかすごいんでしょう?

ハロウィン

なになに、一緒に付いて来い…って?

ハロウィン

私ね、黄色を着ているからって、カボチャじゃないのよ。

トリック オア トリート。 
お菓子をくれないならいたずらしちゃうよ…って、私を先頭にしてキャンディーを貰いに行くの?

PageTop

グランマのお庭で

久しぶりにグランマのお家に遊びに行ったの。

実家
マラガ(カスタムブライス/dafnery カスタム)     ルー(ディアレレガール)

今回はマラガ(カスタムブライス/dafnery カスタム)も一緒よ。

グランマは私たち二人を見て、可愛い、可愛いって目を細めていたわ。

庭

グランマはお庭が大好き。
庭いじりをしていると、無心になって何時間でもお庭にいられるんですって。

庭

今が一番花がないのよ…って言われたけど、それでも知らないお花が色々咲いている。

庭

こんな可愛い赤い実もなっていたわ。

庭

マラガは日本に着いてお出掛けは初めて。

何でも珍しいのね。 キョロキョロしていたわ。

庭

dafnery さんから届いた新しい帽子を被ってご満悦。
でも、プーキーに見つかったら大変よ。

庭

マラガが生まれたスペインは、どんなお花があるのかしら?
ママはずいぶん前にスペインに行った事があるのだけれど、楽しみにしていたアルハンブラ宮殿では雨でお庭を散策どころではなかったんですって。

庭

マラガはまだ日本語がよくわからない。
そのうちしゃべれるようになったら、スペインの事教えてね。



PageTop

コンサートツアー

他のブライス兄弟に先駆けて、僕は秋冬ファッションにお着替えしたよ。

スタジャン
ルイ(ネオブライス/ピックルウィンクル)

いち早く温かな洋服に着替えたのには訳があるんだ。

秋冬ファッション

来年3月1日に東京の紀尾井ホールで、僕が敬愛するヴァイオリニスト ロラン・ドガレイユさんのリサイタルがあるって言ったでしょう?

その前に、2月24日に米沢でもリサイタルが開かれる事が決まったんだよ。

ヴァイオリン

2月24日は米沢、3月1日は東京、3月6日は熊本、3月7日は山口県防府市。 
今4ヶ所のリサイタルが決まっている。

僕はドガレイユ先生の弟子を志しているわけだから、このツアーには付いて行って、お手伝いをしなくちゃ!

スタジャン

革のスタジャンは冬の米沢に行っても、温かで風邪ひかないよね。

ヴァイオリン

ジャンパーを脱げば、コンサートの楽屋で失礼がないかな?

もちろんその時には、シャツはちゃんとズボンの中に入れるよ。

スタジャン

何と言っても、今回のリサイタルは、ピアノの伴奏がジャック・ルヴィエ先生だからね。
神様二人がご降臨!

フランス音楽の神髄、どんなリサイタルになるんだろう。
僕は今からワクワクして、寝られないな。

PageTop