ファムの人形物語

コンサートツアー

他のブライス兄弟に先駆けて、僕は秋冬ファッションにお着替えしたよ。

スタジャン
ルイ(ネオブライス/ピックルウィンクル)

いち早く温かな洋服に着替えたのには訳があるんだ。

秋冬ファッション

来年3月1日に東京の紀尾井ホールで、僕が敬愛するヴァイオリニスト ロラン・ドガレイユさんのリサイタルがあるって言ったでしょう?

その前に、2月24日に米沢でもリサイタルが開かれる事が決まったんだよ。

ヴァイオリン

2月24日は米沢、3月1日は東京、3月6日は熊本、3月7日は山口県防府市。 
今4ヶ所のリサイタルが決まっている。

僕はドガレイユ先生の弟子を志しているわけだから、このツアーには付いて行って、お手伝いをしなくちゃ!

スタジャン

革のスタジャンは冬の米沢に行っても、温かで風邪ひかないよね。

ヴァイオリン

ジャンパーを脱げば、コンサートの楽屋で失礼がないかな?

もちろんその時には、シャツはちゃんとズボンの中に入れるよ。

スタジャン

何と言っても、今回のリサイタルは、ピアノの伴奏がジャック・ルヴィエ先生だからね。
神様二人がご降臨!

フランス音楽の神髄、どんなリサイタルになるんだろう。
僕は今からワクワクして、寝られないな。

スポンサーサイト

PageTop

インタビュー

僕が敬愛するロラン・ドガレイユさんは、来年早々CDを出すんだよ。
六本木にあるワーナーミュージックの応接室で、マスコミのインタビューが行われた。

ロラン・ドガレイユ
ロラン・ドガレイユさん

パパとママは親しくロランと呼ぶけれど、僕はドガレイユ先生とお呼びしないと失礼になるよね。

ドガレイユ先生は現在パリ管弦楽団の第1コンサートマスターを務めるほか、コンセルヴァトワールの教授もなさっている。
僕が憧れる学校だよ。

ロラン・ドガレイユ

この日取材があったのは、音楽の友、日経デジタル、レコード芸術、CDジャーナルと、音楽関係を代表するメンバー。

ロラン・ドガレイユ

来年のCDは、ゴージャスにもジャック・ルヴィエさんが伴奏されるんだって。
そして、お二人が習って来た、大作曲家たちが意図したフランス音楽を忠実に演奏するらしいよ。

ロラン・ドガレイユ

ドガレイユ先生の愛器、ストラディヴァリウス "Txinka ″。
このヴァイオリンは、サン=テグジュペリが所蔵していたものなんだって。
初めのオーナーはサンクトペテルブルクの都を作った皇帝。

そして、このTxinkaは、ストラディヴァリウスの中でも名器中の名器なんだって。

ロラン・ドガレイユ

来年3月1日の紀尾井ホールを皮切りに、3月6日は熊本、3月7日は山口県防府市でのリサイタルが決まっているよ。

名手と名器のマリアージュ。 フランス音楽の神髄を是非聴いて欲しいな。

ロラン・ドガレイユ
ロラン・ドガレイユさんと     ルイ(ネオブライス/ピックルウィンクル)

もちろん僕もドガレイユ先生に付いて行くよ。

この写真は、初めてTxinkaと一緒だったから、ものすごく緊張しちゃった!
でも、こんな写真が撮れるブライスは僕だけだよね。

来年のCDとリサイタルが本当に楽しみ。 みんなもお出掛けスケジュールに入れておいてね。


※写真撮影及びブログ、インスタグラムへの掲載については、関係者のご了承をいただいております。


PageTop

一足早く

ちょっと早いけど、ママが僕たちにバレンタインのチョコをプレゼントしてくれた。

バレンタイン
ルイ(ネオブライス/ピックルウィンクル)      ルチル(ハッピーハーバー)

今年はどのチョコを買うか、ママは迷わなかったらしいよ。

去年このマイアーニのミニカー付きのを買ったでしょう?
去年は出遅れて、欲しい色のが売り切れだったから、今年は早めにデパートに行ったらしいよ。

バレンタイン

僕たち一人ずつに一箱あるんだ!
イラストの箱は、乗り物絵師の轟友宏さんとのコラボなんだって。

バレンタイン
レイモン(ハッピーエブリデイ)

ママは今年はまず黄色が欲しかったんだって。
黄色のフィアットはルパン三世の愛用車なんだよね。

オレンジ色は今年の新色。 あと、水色のを買って、豪華に3台が揃った。

バレンタイン

チョコにはこんなストラップが付いているんだ。 このストラップが魅力だよね。
僕とルチル(ネオブライス/ハッピーハーバー)は去年ママがペンダントにしてくれた。

レイモン(ハッピーエブリデイ)はどれを選ぶの? 今年の新色の車に合わせて、オレンジかな?

バレンタイン

去年のと合わせて、ミニカーも一杯になったね。

そういえば、コージー(コージーケープインスパイアード)はどうしたのかな?
あいつはミニカーには興味ないみたいだよ。
この前ママから海賊のペンダントをもらったから、すっかりまた探検気分になっている。

余ったストラップは、そのうち兄弟が増えるまで、僕たちの宝箱にしまっておこう。








PageTop

ヴァイオリンの神様

憧れのロラン・ドガレイユさんに会った!

ロラン・ドガレイユ
                        ルイ(ネオブライス/ピックルウィンクル)

ロラン・ドガレイユさんはパリ管弦楽団のコンサートマスター。 コンセルヴァトワールの教授もしている。
すごいのが、22歳の若さでパリのオペラ座のコンサートマスターに就任した事。
レジオンドヌール勲章や、パリ市勲章など、数々の名誉ある賞を受賞している。

そして、ロランさんの愛器は、サンテグ=ジュペリが所有していた1708年製のストラディヴァリウス。

ロラン・ドガレイユ

そんな素晴らしい人と、パパとママは親しくしている。

今までに、パパが企画したコンサートにも色々御出演頂いているよ。

名手と名器のマリアージュ。 感動して泣いた人も沢山いたね。

ロラン・ドガレイユ

僕は今回お会いするのが初めてだから、ドキドキしちゃった。

僕が将来コンセルヴァトワールに留学して、ロランさんに師事したいって言ったら、ニコニコ笑っていたよ。
そして、気さくに記念撮影に応じて下さった。
僕の小さなヴァイオリンも見てくれたんだ。

パトリック・ロジェ

おまけに、わざわざパリからお土産を持って来て下さった。
パトリック・ロジェのショコラ。
ママは一度このお店のを食べたいと思っていたから、大喜び。

お味は複雑な大人の味。
僕はますますフランスに留学したくなったな。

パトリック・ロジェ

実は今年の秋にロランさんのCDが発売される予定になっている。
伴奏はかのジャック・ルヴィエさん。
銀座十字屋ホールでの演奏会を憶えている人もいるでしょう?

神様二人の珠玉の音を、お家で楽しめるよ。

そして、多分再来年の春頃に、日本各地でリサイタルが開かれる。 パパとママがお手伝いするみたい。
CDやコンサート情報は、決定次第順次お知らせしますね。
僕もコンサート会場には必ず行くから、みんな是非来て下さいね。


※写真撮影及びブログとインスタへの掲載については、関係者のご了承をいただいております。








PageTop

船旅 2

氷川丸の探索は本当に楽しかったよ。

氷川丸
ルイ(ネオブライス/ピックルウィンクル)

ここは1等児童室。
上客の子供たちが遊んだんだね。

氷川丸

氷川丸

アール・デコの装飾が施されたこのお部屋は、1等社交室。
ダンスパーティーも開かれたらしいよ。

氷川丸

長い船旅。 天候の悪い日もあっただろうから、アメリカに着いた時はほっとしたろうね。

氷川丸

ずっと船室にいると飽きちゃうから、甲板を散歩したり、廊下のソファーで談笑したりしたのかな?

氷川丸

この素敵なステンドグラスのあるお部屋は、1等の主に男性客が楽しむ喫煙室。
食後男女が分かれて社交するのは、ヨーロッパの上流社会の風習だよね。

氷川丸

氷川丸

そしてここは1等特別室。 スイートルームだね。
かのチャップリンも宿泊したらしいよ。

氷川丸

僕もこんなお部屋に泊まって一度船旅をしたいな。 優雅だよね~。

氷川丸

最後に船長さんのお部屋に行ってみた。

今回は時間がなくて甲板で写真を撮ったりできなかったけど、またみんなで来たいね。


※写真のブログ及びインスタ掲載については、関係者のご了承をいただいております。

     日本郵船氷川丸    TEL 045-641-4362



PageTop