ファムの人形物語

お人形が取り持つ縁

彼女とはお人形が取り持つ縁で、すっかり仲良しになりました。

きっかけは、NHKの朝ドラ「あさが来た」。

お人形の輪
シルク(ネオブライス/チェックイットアウト)

この連ドラを見ていた時に、たまたまネットオークションに、このドラマの主人公が着ているような、お人形サイズの着物が出品されました。

お人形の輪

その前にも同じ方の作品を落札していたのですが、この着物を頂いた頃から、メールでやりとりするようになりました。

そして、直接会ってお話するようになり、すっかり意気投合しました。

お人形の輪

大人になってからは親友は出来にくいと言いますし、SNSで親友を探している訳ではありません。
でも、こんな風にお人形が取り持つご縁もあるのですね。

ぽっくり

彼女はこだわり屋さん。
つまみ細工や草履なども、このお着物を頂いた頃より、どんどん腕前が上達して、掛かった材料費や時間を考えたら、お値段を取っても合わないでしょう。

でも、好きでやっている所がいいのですよね。

このぽっくりは、昨年あるパーティーでご一緒した時に、追い剥ぎする形になりました。

ぽっくり

でも、ちゃんと箱に入れてくれて、「箱まで用意して来たのだから、最初からプレゼントするつもりだったのよ」と、こちらに気を使わせないよう、気遣いしてくれたのも彼女の優しさです。

ぽっくり

ドール着物作家の小平敦子さん。 4月28日、29日に開催の、第4回銀座ビスクドール展に初出展してくれます(銀座かねまつホール)。

今回はお客様サービスで、草履や半襟などの単品も出してくれる事になっています。
拘りのお着物や和装小物。 お家のお人形さんに是非プレゼントしてあげてください。





スポンサーサイト

PageTop

あさが来た

NHKの朝ドラ「あさが来た」を、ママは毎日見ている。

あさが来た
シルク(ネオブライス/チェックイットアウト)

明治はママのテーマの時代だから、すごく面白いんですって。

あさが来た

江戸から明治への変革期は、人々にものすごい動揺があったでしょうね。

ドラマの中でも、生活が激変した様がよく描かれているわ。

あさが来た

江戸時代は士農工商の身分がはっきりしていたから、着物の着方から帯結び、髪型を見ただけで、その人の暮らしがわかってしまうのよ。

あさが来た

こんな商家のお嬢様の装いは、一般庶民の中では最高に贅沢だったでしょうね。

あさが来た

黒繻子の襟を掛けたお引きずりの着物を着たのだから、私もお茶や芸事に励まなくちゃ!










PageTop

絹の道

ママが新たに見つけたお着物屋さんから、華やかなお振袖が届いた。

シルク
シルク(ネオブライス/チェックイットアウト)

新しいお着物やお洋服が届くと、ママは誰に一番先に着せようかと数日悩むのが常なのに、このお着物は私と決めて注文したんですって。

私の名前のシルクも、着物が似合う子だからと、名付けられたんですものね。

シルク

帯は矢羽根に結んで、手鞠や桜の模様をさらに華やかにしているわ。

シルク

髪はアップにして、つまみ細工の櫛やギヤマンの玉かんざしを挿したの。

どうかしら、大和撫子に見えるでしょう?

シルク

古今東西を問わず、絹は貴重品。
高級な商品として、生糸や絹織物は産地から色々な所に拡散したのね。

アジアを横切るシルクロードは有名だけど、日本とフランスもシルクは深い繋がりがあったのね。

シルク

群馬県の富岡製糸場は、世界遺産に認定された。

日本の事だけでなく、フランスの事も調べると興味深いのよ。

シルク

ママは富岡に行った事がないから、今度行きたいわって言っている。
その時には、私も絶対付いて行くの。

フランスと日本の産業や文化交流、私一杯お勉強したいの。






PageTop

はじめまして

はじめまして。 ネオブライスのシルクよ。
本当の名前は、チェックイットアウトって言うの。

シルク
シルク(ネオブライス/チェックイットアウト)

私の名前は、このしっとり艶やかな黒髪からよ。

黒繻子を思わせるでしょう? ママは私に着物を着せるつもりらしいわ。

シルク

私は芸術が大好き。 パパとママの子供なら当然よね。

シルク

ヨーロッパのアンティークから、コンテンポラリーまで、どんなジャンルのものにも興味があるの。

シルク

だから美術館に行くのも大好き。 秋は芸術の季節だわ。

シルク

でも、こう見えても、和骨董も好きなの。
陶器やお着物の世界も、もっともっと知りたい…。

私の着物姿を楽しみにしていてね。

PageTop