ファムの人形物語

ギャラリー・ラファイエットのクリスマス・ツリー

パリのノエルの風物詩と言えば、シャンゼリゼのイルミネーションもあるけれど、ギャラリー・ラファイエットのクリスマス・ツリーもその代表よね。

ラファイエットのクリスマス

吹き抜けの中の巨大なクリスマス・ツリーは、パリっ子たちが待ちわびる幸せの象徴。
今年は天井から逆さまに下がる、エスニックな雰囲気のユニークなもの。

ラファイエットのクリスマス

天井にしっかりツリーの根っこが張っています。 益々の繁栄を表しているのでしょうか。
あるいは、天から幸せが降りてくる…という事なのかしら?

天井のガラスのドームや、各階のバルコニーは1912年に建造されたもの。
100年前のベル・エポックの世界にタイムスリップ出来ます。

今年は各階にこのツリーを眺めてお茶が飲めるサロンが開設されていました。

ラファイエットのクリスマス
ダイヤモンド(ネオブライス/プリンセスアラモード)

もちろん、ママはシャンパンを注文
こんな雰囲気の中で飲むシャンパンは格別ね

ラファイエットのクリスマス

サロンの隣はシャネルさん。
スタイリッシュな香水瓶の整列を眺めてグラスを傾けます。

ラファイエットのクリスマス

私は吹き抜けになっているデパートの中をウォッチング。 きれーい

ラファイエットのクリスマス

1階の化粧品売り場もはっきり見えます。

ラファイエットのクリスマス

ツリーの真下はディオールさんの売り場。
今年ディオールはすごいですね。 銀座の「エスプリ・ディオール」展もですが、パリもテレビでの香水の宣伝の他、オペラ座の裏の壁面全面を使っての巨大ポスターなど、広告に力を入れています。

ラファイエットのクリスマス

店員さんたちも、プレゼントのラッピングに大わらわ。
クリスマス前はどの売り場も戦場のようです。

通路が人で身動き出来ません。

私も化粧品売り場に行ってみたかったけど、迷子になると困るからやめたわ。
でも、こんな風に上からゆっくりウォッチング出来たから、大満足よ

ブログをご覧になっている皆様に、このツリーの映像が幸せを運びますように。

ブログを始めて約半年。 ご愛顧をありがとうございました。
どうぞ来年もよろしくお願い致します。
良いお年をお迎えください。







スポンサーサイト

PageTop

シャンゼリゼのイルミネーション

日曜日にシャンゼリゼを車で通りました。

シャンゼリゼ
トパーズ(ネオブライス/あちゃちゅむずきん)

今年は道の両側の街路樹を彩るイルミネーションが新しくなりました。
光が枝の下から天を目指して上がって行きます。

私はママが座る助手席の前の所に窪みを見つけたので、そこにお座りして見物です。

シャンゼリゼ

前方には凱旋門があるのですが、大渋滞で全然進みません。

シャンゼリゼ

歩道にはクリスマス・マーケットが出ています。
以前はパリではこのような露天は見られなかったのですが、最近は流行のようで、シャンゼリゼ以外の場所にもマーケットが立ち並ぶようになりました。

シャンゼリゼ

日曜日はパリはどこのお店もお休みだから、観光客が集結するのかしら?
見て!このすごい人混み

最近のパリはスリが多発しているので、きっとこの中にも…。
パリに住んでいる人たちは警戒してこのような所には出向きません。
私たちも車で通るだけ…。

パリが初めての私に風物詩のイルミネーションを見せようと、パパがこの道をわざわざ通ってくれたのだけれど、お家に着くのにものすごく時間が掛かったわ。

シャンゼリゼのイルミネーションは新年に続きます。
いつまで点灯しているのかは、ママもはっきり知らないみたいよ。





PageTop

パリのお家

長時間のフライト中、プラスチックの箱の中でじっとして、やっとパリのお家に着きました。

パリのお家
左から: トパーズ(ネオブライス/あちゃちゅむずきん、パール(タルト&ティ)、ルル(プチブライス/ムチャチャずきん)、ダイヤモンド(プリンセスアラモード)

お家に着いてすぐに箱から全員出たわ。

ここはパリ?
まだ私たちには様子がわからない。
空港からお家に着くまで、パパが運転する車の中だったのだけれど、お外は真っ暗で何も見えなかったの。
ちょっとだけ、サクレクールやエッフェル塔が見えたけど…。

写真の一番右にいるのは、東京のお家から連れてきたウサギさん。
コウサっていう名前よ。
このウサギさんは、ママと一緒にどこにでも旅している。
最近ママは私たちブライスを連れて出るから、なかなかコウサはお外に出られないの。

パリのお家

リスが寄ってきたわ。

パリのお家

このリスちゃんはパリのお家の住人。
こんにちは。 はじめまして。 日本語が通じるかしら?

東京のお家にいる、小さなイノシシと一緒に、パリのシャンゼリゼで買ったのよね。
生きているみたいにリアルでしょう? ママのお気に入りのぬいぐるみよ。

 パリのお家

わぁ! あなた、慣れっこいのね。 私の事が好きなの?
いいわ。 パリにいる間に仲良しになりましょう。

PageTop

パリに行って来ました

パリに行って来ました!
私たちブライス姉妹にとっては、初めてのパリのお家。

誰がパリに行くか、散々もめたけど、結局私(ネオブライス/あちゃちゅむずきん)と、パールさん(ネオブライス/タルト&ティ)、ダイヤモンド(ネオブライス/プリンセスアラモード)、ルル(プチブライス/ムチャチャずきん)の4人になったの。

今回はJALのマイレージが溜まったので、久しぶりにビジネスクラスでのフライト。
ゆったりしたお席で、ママものんびりよ。

ビジネスクラス
トパーズ(ネオブライス/あちゃちゅむずきん)

私たち4人はプラスチックの箱に入っておとなしくしていたのに、CAさんに目敏く見つけられ、「可愛いお人形ですね。どうぞお好きな所で撮影なさってください。」って声を掛けられた。

でも、どこでも…って言われても、まさか他の席にまで出掛けて撮影するのもはばかられ…。
パパとママの席の間にちょこんと座って記念撮影するだけで終わってしまったわ。

ビジネスクラス

ママは好きなシャンパンでまず乾杯!

ビジネスクラス

これはまだお食事の一部で、この後にメインディッシュが出てきます。

ビジネスクラスのお席はほぼ水平になって、足がのびのび延ばせるの。
ママはずいぶん寝ていたわね。

私たちは箱の中でずっとおとなしくしていたのよ。 
こんなに長い時間箱に入っていたのは初めて。 ずいぶん窮屈だったけど、パリに行けるから我慢していたの。

パリ滞在中のお話はこれからね。 それでは、また明日。




PageTop

贅沢なカード

ママが素敵なカードを見せてくれた。

贅沢なカード
エメラルド(ミディブライス/レナエレナ)

ベル・エポックの時代の贅沢なカード。
Charles SALZMANNというお洋服屋さんのもの。

お花やお洋服のブルーのリボンの所に、シルク地が使用され、さらにエンボス加工が施されています。。

贅沢なカード

こちらも花の部分にシルクが使ってあります。

贅沢なカード

実物をお見せ出来ないのが残念!
こういうカードはとても珍しいんですって。

もうほとんど手放してしまったけれど、ほんの数枚隠し持っていたのを、この前パパに見つかって…。
パパは苦笑いしていた。

だって、こんなに可愛くて素敵なんですもの

ベル・エポックの時代にはきれいで可愛いものが沢山あります。

PageTop

雪模様のワンピース

雪模様のワンピースを着てみました。

雪模様のワンピース

どうかしら? ちょっとフェミニンでしょう?

雪模様のワンピース

グレーの地に、白い雪が舞っている。

オレンジやベージュ、紺の水玉がアクセント。 そして大きな雪の花が付いているの。

雪模様のワンピース

このワンピースもブライス姉妹の中で争奪戦。

でも、私のグレーの瞳に良く似合うから…って、ママが私に着せてくれた。

今年はブライスを沢山お迎えしたから、ママはお洋服にまでなかなか手が回らなかったみたい。
それでも、ママは自分のお洋服は買わないで、私たちのものを買ってくれる。

大丈夫よ、ママ。 私たち仲良しだから、みんなで取り替えっこするから…。










PageTop

サンタクロース

フランスではサンタクロースの事を「ペール・ノエル」と言います。
直訳すれば、クリスマスのお父さんという事かしら?

サンタクロース
シュクレ(ネオブライス/ディンティビスケット)

アンティークのポストカードにもサンタクロースが登場するけれど、ちょっとサンタらしくない姿も…。

サンタクロース

赤い服とか着ていない…。 帽子も被っていないし…。 背広姿???

サンタクロース

でもどうやら、サンタクロースのようです。

昔から、プレゼントをくれるのは、サンタクロースではなくお父さんだって事を、みんな知っていたのかしら?



PageTop

聖夜

メリークリスマス!

聖夜
ノエル(ミディブライス/トゥインクル・プリンセス)

どうぞ楽しいクリスマスをお過ごしください

PageTop

ヒスミニのお洋服

年内はもうお洋服は買わないつもりのママの目が、釘付けになった。

ヒスミニのお洋服
ヒヨコ(ネオブライス/ハイホーマリーン)

個性的なヒステリック・ミニのお洋服。
個人の方がヒスミニのお洋服を利用して、作っています。

ヒスミニのお洋服

前に同じ方が作ったお洋服を買って、いつもダイヤ(ネオブライス/プリンセスアラモード)が愛用している。
ダイヤに着せて以来、ママはこの方のお洋服を気にしているのだけれど、いつもお財布事情が許さない。

でも、クリスマスだもの…。
私たちブライス姉妹全員へのプレゼント。

とりあえず、私が着てみました。 素敵でしょう?

ヒスミニのお洋服

あったかなベストは後ろにヒスミニのベビーちゃんが…。
リバーシブルになっているのよ。

下に穿いた黒のスカートは、単独でも使えるようになっています。

ヒスミニのお洋服

髪にはヒスミニのヘア・ゴムを付けてみました。 これは以前Cちゃんにいただいたもの。
やっと活用できます。

ヒスミニのお洋服

お正月にママが黄色のスニーカーを買ってくれるって。
楽しみだわ。




PageTop

日本のクリスマス

今では一年のうちの大イベントとなったクリスマスが日本で定着したのは、昭和になってからみたい。

クリスマス
ヒスイ(ネオブライス/ミスサリーライス)

何でも、1926年12月25日に大正天皇が崩御され、翌年にこの日が大正天皇祭として休日に制定されたらしい。
クリスマスの日がお休みだったら、家族で過ごすのにぴったりだったわけね。
それで、クリスマスが一般的になって行った。

クリスマス

クリスマス・ケーキを食べたり、プレゼントをもらったり…こどもにとっては、楽しい事だらけ。

高度成長期に百貨店がクリスマス商戦を扇動し、町の中にクリスマスの飾り付けがされ…。
お父さんたちが会社の帰りにデコレーション・ケーキを買って帰宅するのが流行しました。 
この頃はバタークリームを使ったケーキでした。
そのうち生クリームを使ったショートケーキがクリスマス・ケーキとして登場したり、アイスクリームのデコレーション・ケーキが流行ったりしたのね。

クリスマス

紙で出来た長靴に入ったお菓子も楽しみだった…。

テレビでやっていたけれど、今ではお歳暮もクリスマス・プレゼントも、人にあげるのではなく、自分のご褒美として買うんですって。

それもいいけれど、やっぱりいただいたプレゼントのラッピングを解く時のわくわく感は、楽しいですよね



PageTop