ファムの人形物語

さすらいの日曜画家

今日は本当はニッキー(ネオブライス/ニッキーラッド)が、もう一日京都の事を話す予定だったけど、ちょっと僕を割り込ませてね。

岡部忠則さん個展
レイモン(ネオブライス/ハッピーエブリデイ)

昨日は銀座の画廊で昨日から開かれた、岡部忠則さんの個展を拝見して来ました。

岡部さんは山口県防府市在住。 パパとは高校からのお友達。
そして、防府で開いたロラン・ドガレイユさんのコンサートや、パパのアール・ヌーヴォー展の時は、ずいぶんお世話になりました。

岡部忠則さん個展

岡部さんは、絵を描く他、コーラスや俳句、ピアノなど、多趣味な方。
そして、趣味を通じて沢山のお友達がいらっしゃいます。

ブログ「さすらいの日曜画家」では、心に染みる絵を披露されているけど、毎年二科展などにも出品し、精力的に絵の活動をなさっています。

岡部忠則さん個展

油絵はブログで拝見するやさしい絵とはまた一味違って、岡部さんの感性が強く感じられます。

お船で世界一周した時の経験も、絵の中に表現されているように感じました。

好きな事が出来る人生。 それは全ての人にとって夢でしょう。
それを実現している岡部さん。 少年のようなキラキラした瞳をしていました。

岡部忠則さん個展

この個展は29日土曜日まで。 場所は今話題のGINZA SIX のすぐ近くだから、是非お出掛け下さい。


※写真撮影及びブログとインスタへの掲載については、岡部氏のご了承をいただいております。

スポンサーサイト

PageTop

京都出張

9月に出版する辻容子さんの作品集の撮影で、京都へGO!

新幹線
ニッキー(ネオブライス/ニッキーラッド)

来月プーキーはママと一緒にスペインに行くの。
他のみんなはお留守番なのよ。

でも、いつもプーキーのお守りを良くしているご褒美にって、今回は私がママと一緒に京都に行く事になったの。

新幹線

何で京都かと言うと、カメラマンのたやまりこさんが京都の方。 市内にスタジオをお持ちです。 ママとのコンビはこれで4回目。
ビスクドールの撮影なので、今回ママは慣れているたやさんにまたお願いしたのよね。

京都で辻容子さんや今回の本に載るクラシック・ビスクドールたちと集合。

初めての新幹線。 車もいいけど、こうして車窓からゆっくり外の景色を楽しむのもいいわね。
所々桜を見る事が出来ました。

スタジオ

たやさんのスタジオ。 機材が立ち並びます。

私はクラシック・ビスクドールの撮影に立ち会うのは初めてだから、ドキドキするわ。
きっとママがお人形さんたちを可愛くコーディネートするわ。

京都の記事は明日に続きます。 お付き合い下さいね。


※スタジオ内の撮影及びブログとインスタへの掲載については、たやさんのご了承をいただいております。

PageTop

春から初夏へ

全国銘菓展を目的に日本橋三越本店に出掛けた時に、地下の食料品フロアーで名店の上生菓子が並ぶコーナーを見つけました。
各店のお菓子を見比べて買えるのは、うれしいですね。

すずらん
すずらん  三英堂

インスタグラムで時々写真を見ていた松江の三英堂さんの和菓子を見つけて、1階ですでに4個も購入しているのに、買わずには帰れませんでした。

このすずらんは、お店の方では「谷間の姫百合」という菓銘になっているようです。

花の宴
花の宴  三英堂

三英堂さんの上生菓子は、上品な姿とお味です。

夜桜
夜桜  一六本舗

最後にご紹介するのは、全国銘菓展で家庭画報とのコラボで出来たお菓子。 松山の一六本舗さんの上生菓子。

中は清酒、柚子、塩漬桜葉が使われ、お月様に見立てたお餅が楽しい食感でした。

これから上生菓子も初夏のお菓子に移って行きますね。
今年は季節を和菓子でも楽しめそうです。

PageTop

ドネーション

5月20日にスペインのマラガで開かれる、ブライスコン・ヨーロッパ。
主催者の一人である、dafnery さんから、ドネーション(寄付)に協力してほしいと連絡がありました。

ドネーション

日本人はこうした事に慣れていませんが、欧米では普通にある事です。

このスペインでのイベントでは恵まれない人達への支援プログラムもあり、ラッフル(くじ引き)で得た収益を寄付するようです。

ドネーション

名だたる作家さん達から素晴らしいカスタムドールも集まる中、私の手編みの品なんて、見てくれる人がいないかもしれませんが、dafnery さんの顔を立てるためにも、頑張って5セット作り、スペインに国際宅急便で送りました。

昨年中野で行われた時には、日本の法律上からラッフルチケットの販売は行われませんでしたが、今回海外でのこうしたイベントは初参加なので、全てが勉強です。

5月の渡欧中は、ブログもインスタもストップするつもりです。
折角なので、ゆっくり楽しんでくるつもりです。
その代わり、帰国したら、いやって言うほど毎日スペイン便りを出す予定ですので、どうぞお楽しみに。



PageTop

花散歩 2

春は本当に花の季節ですね。

花
タンポポ(ネオブライス/グルーヴィーグルーヴ)

鮮やかなピンクのお花。 名前は知らないの。

花

園芸が趣味の人は、お花の名前も色々ご存知なのでしょうね。

紅白並んで咲いていました。 すごくきれいです。

アンパンマン

幼稚園の壁に、こんなプレートが…。

家にもアンパン君がいるよ~。 今度一緒に遊びに来よう。

お花だけでなく、近所でも色々な発見がありますね。 今年は歩く事を、少し心掛けようと思っています。



PageTop

花散歩

 暖かくなって来たから、お家の周りをお散歩。

散歩

ご近所のお寺に足を延ばしました。

散歩
タンポポ(ネオブライス/グルーヴィーグルーヴ)

紅白の花びらの絨毯。 きれい~。

花

こうしてお花を眺めながらのお散歩は、本当に楽しいわ。

庭石

疲れたら、ちょっと一休み。

牡丹

このお寺には牡丹園があります。
今年は見ごろを逃さないように、時々お訪ねしましょう。



PageTop

日本橋三越本店 2

日本橋の三越本店は、日本で初のデパートです。

世界で初めての百貨店、パリのボン・マルシェが1887年にその基礎を作った事から言えば、三越の百貨店としてのスタートはやや遅れていますが、それでも、店頭に大イルミネーションを設置したり、少年音楽隊を編成したり、電話での注文を受け付けるなど、時代の最先端を行ったのです。

三越本店

1960年に設置された「まごころ像)。 吹き抜けの4階に届かんばかりにそびえる天女像は、玄関のライオン像と共に三越本店のシンボルとなっています。

その像の元で、全国銘菓展が開かれました。

so-bi
so-bi  つちや

薔薇(そうび)と名付けられた岐阜大垣市のつちやさんの和菓子。
家庭画報とのコラボです。
 
バタフライピーで染められた、青いバラが何とも幻想的。
薔薇の部分がシャリシャリした歯ざわりで、周りの錦玉とのコントラストが面白かったです。

深見草
深見草 風流堂

こちらは地下の食品フロアーで求めました。
松江の風流堂さんの「深見草」。

和菓子は季節を先取りしていますね。

三越本店
ライラック(ネオブライス/シンプリーライラック)

三越本店

地下鉄から三越の食品フロアーに入る所に、こんな美しい桜の装飾がありました。

三越はポスターの図案を懸賞公募するなど、美術の分野にも関与してきました。
歴史を辿りながら、こうして改めて店内を見るのも面白いですね。



※店内の写真撮影及びブログとインスタへの掲載については、係の方のご了承をいただいております。









PageTop

花の季節

春はお花の季節。 東京でも近所を歩くだけで色々なお花を楽しめます。

桜

この日桜もまだ頑張っていました。

椿
ルー(ネオブライス/ディアレレガール)

こんな椿も愛らしい。

ネモフィラ

公園にネモフィラが咲いていました。

花

マーガレットの花…だと思うけど、違う種類かしら? 恋占いをしようかな?

寄せ植え

歩いたから、こんな寄せ植えの所で一休み。

やっぱりお花を見ながらのお散歩はいいですね。

PageTop

花の寺

新しいお帽子を被ったから、お出掛けしよう。

花の寺
ルー(ネオブライス/ディアレレガール)

まずは近所をお散歩。

いつも横の道を通るお寺に初めて入ってみたの。
そうしたら、枝垂れ桜がきれい~

花の寺

花の寺

色々なお花が咲いています。
残念ながら、名前がわからないわ。

花の寺

のんびりとお花を愛でます。 こんな時間も大切ですね。

PageTop

日本人形玩具学会会誌 VOL.27

日本人形玩具学会の会誌 第27号が発行されました。

日本人形玩具学会会誌
パルコ(ネオブライス/パルコリミテッド)

今年はリカちゃん生誕50周年。  
それを記念して、「リカちゃんとソフトビニール製人形の仲間たち」の特集が組まれています。

この中で、ママはジュンコ・ウォングさんのインタビュー記事を執筆しました(P.67~73)。
現在のブライスブームを生み出したジュンコ・ウォングさんの、生い立ちや貴重なお話しが盛り沢山です。

パルコ
ヤエ(復刻版 2代目リカちゃん)                 バービー(クールコレクティング)

特集の目次を見ただけでもワクワクするわ。

例えば、北原照久さんが「横浜元町リカちゃんをプロデュースして」を書いていたり、人形研究家の渡辺純子さんが「バービー・コレクターズ・クラブ・ジャパン創設秘話と活動の軌跡」を執筆したり…etc. etc.


きっとこのブログの読者の方なら読みたい記事ばかりだと思います。

この書籍は、学会に入っていらっしゃらない方でもお取り寄せできます。
詳しくは、日本人形玩具学会に直接お電話でお問い合わせください。(価格2,000円 税別)  
     TEL 03-3851-0188

また、研究者でなくてもお人形大好きな方、ご興味がある方はどなたでも入会できますので、是非ご参加下さい。



PageTop