ファムの人形物語

セーラー服

カモメちゃん(プチブライス/セイリングセイリング)とお揃いの服を、ママが買ってくれたの。

ハッピー
ハッピー(カスタムプチブライス/さくらんぼカレンカスタム

どう? 我ながら似合う気がする

ハッピー
カモメ(プチブライス/セイリングセイリング)

カモメちゃんと2ショット! カモメちゃんは髪が長いのね~。

ハッピー

今年の夏は天候不順だったわね。

いきなり暑くなったかと思ったら、それからずっと雨続きで梅雨みたいだった。
だから、夏のお出掛けが遠のいちゃった。

ハッピー

もうお姉ちゃまたちも水着はタンスから出さないだろうけど、私たちはボートで水遊びしよう。



スポンサーサイト

PageTop

はじめまして

はじめまして。 プチブライスのカモメよ。

カモメ
カモメ(プチブライス/セイリングセイリング

私はね、ママがずっと前からお迎えしたかったの。

今年こそは…って、夏前にお家に着いたのに、なかなか自己紹介の機会がなかったわ。

カモメ

こんなショートパンツも持っているのに、もう夏が終わっちゃうじゃない。
これを履くのは来年かしら?

カモメ

セーラー服って、何だかいいわよね~。
この夏に色々ママは揃えたのだけど、ちゃんとご紹介出来るかしら?

PageTop

子供が持つと?

お姉ちゃまたちが持つと威力を発揮するブランドのバッグも、この子たちが使うとどうなるのでしょう?

バッグ
プーキー(カスタムネオブライス/dafnery カスタム)     ジューン(dafnery カスタム)

ゾウさんのバッグなのだから、似合わない訳がありません。

もっともこういうバッグは、大人がお茶目に使うからカッコいいのであって、本来は子供用ではないのですけど…。

バッグ

でもまあ、この子たちは大満足な様子。
ブライス姉妹みんなで仲良く使うことにしましょう。

バッグ

あら、あら! やっぱりプーキーは独り占めするよう!
この子は本当に動物好きです。



PageTop

大人のお茶目

ママが海外からこのゾウさんのバッグをお取り寄せした。

バッグ
マーゴ(ネオブライス/マーゴユニークガール)

このバッグはね、ママがだいぶ前に銀座の有名ブランドショップで見た物に似ているんですって。

何でもその時には、ヴァカンスに持って行ったら可愛いわね~って、本当に買う気でいたみたいだけど、このところパリのお家に戻れないから、当分使う時がないかも…ってあきらめたらしいわ。

バッグ
レヴェ(ジュニームニーキューティー)

それならばせめて私たちにって、海外サイトからお取り寄せしたってわけ。

バッグ

このゾウさんたちには、こんな保存用の袋が付いていて、添えられた手紙には「私たちを可愛がってね」って書いてあった。

お人形さんが好きな人ならではよね。

バッグ

9月22日から24日まで、銀座かねまつホールで辻容子さんのビスクドール展が開かれるんでしょう?
ママもずっと会場にいるのよね。

かねまつホールの真ん前は話題の銀座シックスだから、私たちはそっちに行ってお茶でもしない?



PageTop

夏から秋へ

今年の夏は天候不順だったわね。
やたら暑いと思ったら、その後雨続きで…そして、また暑い!

花火
ミルキー(ネオブライス/イエローマシュマロ)

この夏は思うようにお出掛け出来なかったわね。

でも、それでも色々楽しい事があったのよ。

花火

テレビでゆっくり花火鑑賞。 

片手で私を持ち、片手でスマホのカメラシャッターを押すのに、ママは四苦八苦していたわ。
花火がきれいに開くタイミングがなかなかつかめない。

デニッシュ
帝国ホテル               クルミ(プチブライス/スクイグリースクアレル)

夏ならではの風物詩を味わうお出掛けは、今年は断念。 来年のお楽しみね。

そしてそろそろ秋の気配。 
ママの好きなマロンが出始めたわ。

この秋はどんな楽しみが待っているかしら?



PageTop

スペースガール

何やら大切そうな箱を見つけた!

スペースガール

何が入っているのだろう?

スペースガール
ジューン(カスタムネオブライス/dafnery カスタム

宇宙船が描いてある…。

スペースガール

みんなに内緒でちょっと開けてみよう。

スペースガール

わぁ! こんなのが入っていた!

スペースガール

背負ったリュックは外せるようになっているのね。

スペースガール

これって、宇宙服っていうんでしょう? ちょっと試してみようかな?

スペースガール

よいしょ、よいしょ。

スペースガール

これを着たら、お月様に行かなくちゃいけないの?

スペースガール

入った! 装備完了。

何でもチェーンベルトが付いて、ママのショルダーバッグになるんだって。
ママが海外からお取り寄せしたらしいよ。

ママはこのバッグを持って、どこに行くつもりかしら?




PageTop

アニマルハット

私とマラガ(カスタムネオブライス/dafnery カスタム)、それにプーキー(dafnery カスタム)のスペイン三姉妹が揃って、ママは毎日ニコニコ顔。

アニマルハット
マラガ(カスタムネオブライス/dafnery カスタム)     ジューン(dafnery カスタム)

私とマラガは、dafnery ママからのプレゼントが一杯詰まった箱に入って、日本に来たの。

アニマルハット

プレゼントの中には、ママが大好きなアニマルハットも入っていた。

これには、ママも大感激

アニマルハット

日本の夏は暑いけど、ちょっと被ってみよう。

お耳に、シュタイフみたいにdafnery のバッジを付けてみたわ。

アニマルハット
プーキー(dafnery カスタム)

エッ! プーキー、この帽子とバッジが欲しいの? 本当にプーちゃんは欲張りね~。

PageTop

スペイン三姉妹

こんにちは、プーキー。
やっと会えたわね。

三姉妹
マラガ(カスタムネオブライス/dafnery カスタム)    プーキー(dafnery カスタム)

私がお姉ちゃんよ。

三姉妹

プーちゃんは日本に来て、色々面白い事を体験したでしょう?
あなたはまだ日本語もしゃべれないから、ママが心配して、私をお目付け役にと呼び寄せたのよ。

三姉妹
ジューン(dafnery カスタム)

ジューンも一緒に来たのよ。
これでスペイン三姉妹が勢揃い。

三姉妹

ママの所に3人が揃ったのも、プーキーがいい子にしていたからよ。

三姉妹

でも、姉妹真ん中のジューンは、プーキーよりいたずらっ子かもしれないわ。

三姉妹

何やらプーキーとマラガは悪巧みをしそうね。
ちゃんと私が見張ってなくちゃ!

PageTop

インタビュー

僕が敬愛するロラン・ドガレイユさんは、来年早々CDを出すんだよ。
六本木にあるワーナーミュージックの応接室で、マスコミのインタビューが行われた。

ロラン・ドガレイユ
ロラン・ドガレイユさん

パパとママは親しくロランと呼ぶけれど、僕はドガレイユ先生とお呼びしないと失礼になるよね。

ドガレイユ先生は現在パリ管弦楽団の第1コンサートマスターを務めるほか、コンセルヴァトワールの教授もなさっている。
僕が憧れる学校だよ。

ロラン・ドガレイユ

この日取材があったのは、音楽の友、日経デジタル、レコード芸術、CDジャーナルと、音楽関係を代表するメンバー。

ロラン・ドガレイユ

来年のCDは、ゴージャスにもジャック・ルヴィエさんが伴奏されるんだって。
そして、お二人が習って来た、大作曲家たちが意図したフランス音楽を忠実に演奏するらしいよ。

ロラン・ドガレイユ

ドガレイユ先生の愛器、ストラディヴァリウス "Txinka ″。
このヴァイオリンは、サン=テグジュペリが所蔵していたものなんだって。
初めのオーナーはサンクトペテルブルクの都を作った皇帝。

そして、このTxinkaは、ストラディヴァリウスの中でも名器中の名器なんだって。

ロラン・ドガレイユ

来年3月1日の紀尾井ホールを皮切りに、3月6日は熊本、3月7日は山口県防府市でのリサイタルが決まっているよ。

名手と名器のマリアージュ。 フランス音楽の神髄を是非聴いて欲しいな。

ロラン・ドガレイユ
ロラン・ドガレイユさんと     ルイ(ネオブライス/ピックルウィンクル)

もちろん僕もドガレイユ先生に付いて行くよ。

この写真は、初めてTxinkaと一緒だったから、ものすごく緊張しちゃった!
でも、こんな写真が撮れるブライスは僕だけだよね。

来年のCDとリサイタルが本当に楽しみ。 みんなもお出掛けスケジュールに入れておいてね。


※写真撮影及びブログ、インスタグラムへの掲載については、関係者のご了承をいただいております。


PageTop

生け花

日本に到着してまだ数日だけど、初めてお外に出たの。

生け花
マラガ(カスタムネオブライス/dafnery カスタム)

パパとママと一緒に、都内のホテルでフランスからの大切なお友達とデートよ。

生け花

ホテルのロビーには、こんな大きな生け花が…。

きれい~

生け花

ロビーから続くフロアーにも、沢山生け花が展示してあったわ。

生け花

私、お花が大好き。

もう少し大きくなったら、生け花を習いたい。

生け花

ママも学生の頃、ほんの少し生け花を習った事があるみたい。
今ならもっと熱心に勉強するのに…って。

生け花

プーキー(カスタムネオブライス/dafnery カスタム)は、ママの所に来てから日本のものを色々見たりしたでしょう?

生け花

これから私たちスペイン姉妹は、日本を沢山楽しむわ。

PageTop