ファムの人形物語

みなと暦 雪・月・花

12日に増上寺で開かれた西川瑞扇さんの踊りの会は、港区政70周年記念助成対象事業なのだそう。
いつも精力的に日舞に取り組んでいらっしゃる瑞扇さんの新たな取り組みです。

西川瑞扇さん
西川瑞扇さん

日本舞踊西川流師範の瑞扇さんとは、長く公私共にお付き合いさせていただいています。

西川瑞扇さん

銀座ビスクドール展の関連コンサートにご出演頂いた時は、こちらの無理を快く引き受けて下さいました。

西川瑞扇さん

その折私の発案で生まれた「春想春奏」は、その後国立劇場でお弟子さんが舞われましたが、今回は港区民の小さなお子さん3人が可愛い踊りを披露しました。

福原百之助さん
福原百之助さん

この日は公演中の撮影が許可されたので、一番前の席に座らなかった事を悔やみました。
前席の方の頭の隙間から撮影です。

銀座のコンサートの時にお世話になった福原百之助さん。 素晴らしい演奏です。
公演後にご挨拶させていただきました。

西川瑞扇さん

今回は大瀧賢一郎(KEN)さんの歌に乗せてラップで日舞を踊ったり、港区民を交えたり、手話を踊りで表現するなど、新しい試みがいくつも見られました。
もっと広い会場で、沢山の人に楽しんでもらいたかったなと、ちょっともったいない気持ちが残りました。

西川瑞扇さん

容姿も踊りもお美しい瑞扇さん。 益々のご活躍をお祈りしております。
そして、またお仕事をご一緒させていただける事を楽しみにしています。
スポンサーサイト

PageTop