ファムの人形物語

哲学堂公園

中野に哲学堂公園という所があります。

哲学堂
六賢台

この公園は、明治37年に哲学者井上円了が哲学をテーマにした精神修養の場として創設しました。

一万七千坪の広大な敷地の中に、77の哲学に由来する建物や石像、通路などが点在しています。

哲学堂

普段これらの建物の中には入れませんが、ツツジを見に出掛けたら、偶然公開されていて、ラッキーにも入る事が出来ました

哲学堂

人一人がやっとの階段を通って、六賢台を上がります。

哲学堂

天井はこんな感じ。 東洋の賢人として、聖徳太子、菅原道真、荘子、朱子、龍樹、迦毘羅の6人が祀られています。

哲学堂
フリマ(ネオブライス/プレイフルレインドロップス)

狭い空間なので、入場制限がありました。

哲学堂
四聖堂

哲学堂の中心的な建物です。

哲学堂

四面のいずれも正面とされ、孔子、釈迦、ソクラテス、カントを祀っています。

ボランティアの説明員のおじ様が、偶然私が立っていた所が今年の正面だと教えてくれました。
お断りして、ちょっとその正面に座らせていただきました。

奥に見えるのは、釈迦涅槃像です。

井上円了先生は、妖怪学博士としても知られている。 だからこの公園の中にも妖怪みたいなオブジェもあるのよ。
それは今度コージー(ネオブライス/コージーケープインスパイアード)がご案内するといいわね。
スポンサーサイト

PageTop