ファムの人形物語

回想 ロラン・ドガレイユ リサイタル・ツアー

米沢、東京、熊本と3ヶ所を巡る、ロラン・ドガレイユ先生とジャック・ルヴィエ先生のコンサート・ツアー。
6日(火)熊本でフィニッシュになったよ。

羽田で
ルイ(ネオブライス/ピックルウィンクル)       イヴ(モンドリアン)

熊本へはドガレイユ先生の弟子、僕と、くまモンスタイルのイヴ(モンドリアン)がお供に付いて行ったんだ。

羽田空港

羽田空港からパパとママと一緒に、みんなで熊本へGO!

くまモン

着いた翌日は、いよいよリサイタル当日。
リハーサル前に、ルヴィエ先生は、主催の熊本シティオペラ協会のリーダー 佐久間伸一さんのお宅で個人練習。

イヴはくまモンに出会って、ビックリしてたよ。

熊本市民会館

至福のリハーサル最中。 

今回のリサイタルは、熊本地震復興祈念として、ソプラノの福嶋由記さん、バスの佐久間伸一さんとのコラボが特別にあったんだ。
ママは大好きなカッチーニのアヴェマリアを聴いて、また涙していた。

お二人ともベテランだけに素晴らしい歌声だったよ。

いつもの事だけど、本番はもっともっと白熱した名演奏が展開された。
熊本の聴衆の方は、クラシック音楽を良くご存知の方が多かったみたいだけど、初めてという方も感動されていたみたいだったね。

ブライス

開演前と公演後に、ロビーでママはインスタグラムで知り合ったブライスファンの方達に、ほんの短い時間お会いしたんだ。
コンサートが終わった後に、ドガレイユ先生やルヴィエ先生がその人達のブライスを抱っこして記念撮影に応じてくれたのは、いい思い出になったよね。

熊本は主催者の方達の心の籠ったおもてなしで、とっても温かいコンサートになったね。

大変な事続きのツアーだったけど、神様二人はプライベートでも素晴らしかった。
ママは羽田で別れる時に、色々な思いが込み上げて、ドガレイユ先生の胸に顔を埋めて大泣きしていた。

各地のコンサートでお世話になった方々、そして来られたお客様たち、本当にありがとうございました。
またいつかこんな素敵なコンサートが開けたらいいね。
その時にはどうぞよろしくお願い致します。





スポンサーサイト

PageTop