ファムの人形物語

ブリュッセルでのプレミート

ブリュッセルに着いた翌日は、ブライスコンのプレミート。

プレミート

ホテルでもらった市内地図を見ても、指定された公園が見つからない。
ヨーロッパはこの季節夜は10時近くまで明るいし、ホテルに到着した時はまだ夕方だったので、下見して場所を確かめる事にしました。

プレミート

コンシェルジュに聞くと、「すぐそこ。」と。 それだけじゃわからない。
詳しく教えてと尋ねると、「目の前の道を右に行って、すぐ左に曲がった所。」との事だったので、言われた通りに行くと、ホテルから徒歩3分位の所でした。

プレミート

近所の人ならわかるのでしょうが、ガイドブックにも載っていないような場所は、初めての観光客にはわかりづらいですよね。

そして、いよいよプレミート当日。 ホテルでゆっくり朝食を摂り、プーキー(カスタムネオブライス/dafnery カスタム)と、ハッピー(カスタムプチブライス/さくらんぼカレンカスタム)は、浴衣にお着替え。

プレミート
プーキー(カスタムネオブライス/dafnery カスタム)

一体公園のどこに集まるのかと思っていましたが、ブライスを連れた人たちを探すのは、簡単でした。

プーキーは海外の人たちが持ち寄ったブライスに興味津々。

プレミート
ハッピー(カスタムプチブライス/さくらんぼカレンカスタム)

こんなユニークな道化師さんも参加。

プレミート
                                  モモリータさんのお嬢様

ワークショップを終えられて駆け付けたモモリータさんとも、ゆっくりお話出来ました。

プーキーとハッピーの浴衣は、外人さん達の注目を集めていました。 少しは日本をアピール出来たかしら?

プレミート

3時から5時まで、炎天下でのプレミート。 ブライス達も日焼けしたのでは?

約束したプーキーのママのイサベルさん(dafnerydolls)さんと、オルガさん(vainilladolly)が到着したのは、4時をとうに過ぎた頃。

今回の渡欧は、この二人にこの1年のお礼を言う為だったので、会った時にはさすがに色々な思いが込み上げて、泣いてしまいました。

プレミート
                          オルガさんのお嬢様

プレミートが終わって、私のホテルがすぐ近くだったので、場所をホテルのラウンジに移してアフター。
12名が集いました。

オルガさんのカスタムプチちゃん、誘拐したかった位に可愛かったです。

プレミート
イサベルさんのお嬢様とオルガさんのお嬢様

楽しい時間はあっと言う間に。 翌日のブライスコンで会う事を約束して、この日のプレミートは終了しました。










スポンサーサイト

PageTop