ファムの人形物語

江戸東京たてもの園 3

江戸東京たてもの園の東ゾーンには、明治から昭和の商店が保存されています。

江戸東京たてもの園

正面に見えるのは、明治初期に創業した文具店「武居三省堂」。神田須田町にあったようです。

江戸東京たてもの園

こんな街並み、まだ残っている所ありますよね。

江戸東京たてもの園

台東区言問通りにあった居酒屋「鍵屋」の店内。
震災、戦災を免れて移築されています。
昭和45年くらいの姿に復元されているとの事。今でも上野や浅草あたりにありそうな風情です。

江戸東京たてもの園

江戸東京たてもの園

建物を銅板で覆った建築様式も、上野や神田界隈に残っていそうな雰囲気です。

江戸東京たてもの園

こんなちゃぶ台があったのも、そんなに昔の事ではありませんが、昭和も遠くなったのかも…。

江戸東京たてもの園は、建物の中には入ったり出来ますが、調度品等に触る事は出来ません。
今日のブログはブライスのいない写真になりました。

たてもの園訪問ブログ、あと1日続きます。
長丁場になりましたが、引き続きお付き合いくださいね。










スポンサーサイト

PageTop