ファムの人形物語

ママからの伝言 『手づくり手帖』

ずいぶん前になりますが、日本ヴォーグ社の『毛糸だま』という雑誌に「アンティーク・レースの森から」と題して、アンティーク・レースの連載を7年間続けた事があります。

この連載を始めた頃は、大都市にお住まいの方なら、骨董市等でアンティーク・レースを見る事が出来ても、地方にお住まいの方は難しいのでは…と感じていたので、まず写真でレースを楽しんでいただきたいという思いからスタートしました。

連載中編集長が4人替わりましたが、連載終了時には、ボビン・レースのお教室も全国に増えたように感じました。

今回私にこの連載を勧めて下さった編集長から、久しぶりにお声が掛かり、『手づくり手帖』にアンティーク・レースの事を書いてみました。

手づくり手帖


今号はフランス特集との事で、私の執筆はフランスのレースとファッションの関係について少し書いてみました。 (「19世紀のレースとファッション」 56~59ページ)
アンティーク・レースもパラソルや扇、ハンカチーフ等々、カメラマンさんが素敵に写真を撮ってくださいました。 久しぶりに現場に立ち会い、楽しかった撮影を思い出します。

本は、ビーズやスパンコールをふんだんに使った刺繍や、カルトナージュ、素敵なお花屋さんの紹介や、手芸家の方が大切になさっている道具の紹介等々、私が興味ある記事が満載です。

そして付録としてリボン刺繍のミニポーチのキットが付いています。 (もちろん記事も掲載されています。)
私にも作れるかしら? 考えるだけでもわくわくします。

素敵な『手づくり手帖』、ページを眺めているだけで、心豊かな気持ちになります。
       日本ヴォーグ社  2,250円+税

詳しくはこちらから。
または、TEL 0120-923-258

是非お手元に…。









スポンサーサイト

PageTop