ファムの人形物語

江戸の粋

ママが僕に浴衣を誂えてくれた。

浴衣
ルチル(ネオブライス/ハッピーハーバー)

行きつけの着物屋さんの息子さんが着ていたのを見て、同じのを注文したらしいよ。

浴衣

この浴衣の柄は、「菊五郎格子」って言うんだって。

江戸の人気歌舞伎役者、三代目菊五郎が考案したものらしい。
四本と五本の縞の格子目に、「キ」と「呂」の字を交互に入れて、「キ九五呂」に「菊五郎」をかけたんだって。

おしゃれだね~。 江戸時代はこうした遊びが色々あったみたいだ。

浴衣

縞の帯がキュッと貝ノ口に結んである。 粋でしょ?

三代目菊五郎は相当な美男子だったらしい。

僕もカッコよく着こなせているかな?

浴衣

団扇やスイカ、蚊取り線香は、文香と言って、お手紙に忍ばせるお香なんだって。

ママがほおずき市に行った時に、浅草で見つけて来た。

浴衣

折角浴衣を着たから、スイカを食べたら、浅草の寄席に落語でも聞きに行ってみるか…?












スポンサーサイト

PageTop