ファムの人形物語

ジョスランの中世祭り

こんにちは。私はダイヤモンド国のダイヤモンド姫。
昨日少しおしゃべりした、ジョスランの中世祭りの事をお聞かせするわ。

昨日のお話がわからない方は、7月19日のブログ記事から先に読んでね。

ドレス3
ダイヤモンド(ネオブライス/プリンセスアラモード)

7月14日はフランス革命記念日。
この日ジョスランでは、中世祭りが開かれるの。
町の中心部に入る各道にはゲートが設けられ、入場料を払うと、手の甲にスタンプを押してくれる。
これで中世にタイムスリップよ。

町に住んでいる人だけでなく、近隣の地方からも中世の恰好をした人たちが押し寄せて、
お祭りを楽しむの。

中世のコスチュームは、この日街中で買う事も出来ます。

中世祭り2

この日はジョスラン城は無料で園内を見学できます。

町の中では色々な催しがあるわ。

古楽器の演奏や、パレードもある。

中世パレード

昔の鍛冶屋さんを体験する事も出来るし、食事も中世スタイルよ。

中世祭り

ちょっとびっくりしたかしら!?

こんな豚の丸焼きも…。

パパとママはこの時おなかが一杯で、この丸焼きは食べなかったらしい。
パパは名残惜しそうだったわ…。

日本ではこんなパフォーマンスは見られないわね。

中世祭り3

みんな食器も中世のものを持って来たりしていたわ。
ご自慢のアンティークのマグカップを袋から出した人もいた。

毎年の中世祭りを楽しみにしているのね。

パパもママも、またジョスランに行きたいって言っている。
泊まった民宿のマダムもユニークで可愛い人だったみたい。
また会いたいなって。

ジョスランの人形美術館を取材した時のお話や、この民宿のマダムの事などは、
また別の折に…。

それでは、ごきげんよう…



スポンサーサイト

PageTop