ファムの人形物語

絹の道

ママが新たに見つけたお着物屋さんから、華やかなお振袖が届いた。

シルク
シルク(ネオブライス/チェックイットアウト)

新しいお着物やお洋服が届くと、ママは誰に一番先に着せようかと数日悩むのが常なのに、このお着物は私と決めて注文したんですって。

私の名前のシルクも、着物が似合う子だからと、名付けられたんですものね。

シルク

帯は矢羽根に結んで、手鞠や桜の模様をさらに華やかにしているわ。

シルク

髪はアップにして、つまみ細工の櫛やギヤマンの玉かんざしを挿したの。

どうかしら、大和撫子に見えるでしょう?

シルク

古今東西を問わず、絹は貴重品。
高級な商品として、生糸や絹織物は産地から色々な所に拡散したのね。

アジアを横切るシルクロードは有名だけど、日本とフランスもシルクは深い繋がりがあったのね。

シルク

群馬県の富岡製糸場は、世界遺産に認定された。

日本の事だけでなく、フランスの事も調べると興味深いのよ。

シルク

ママは富岡に行った事がないから、今度行きたいわって言っている。
その時には、私も絶対付いて行くの。

フランスと日本の産業や文化交流、私一杯お勉強したいの。






スポンサーサイト

PageTop