ファムの人形物語

ママからの伝言 十字屋ホール

銀座十字屋タイムスの春号が届きました。

十字屋ホール
エメラルド(ミディブライス/レナエレナ)

すでにご存知の方もいらしゃると思いますが、この3月末で十字屋ホールがクローズになります。

銀座十字屋さんは、弊社にとっては色々な仕事を通じてお付き合いも長いので、閉場されることは本当に残念です。

銀座十字屋さんは銀座から文化の発信を…と、弊社のアートと音楽のコラボを大変応援して下さって、コンサートやビスクドール展、そして2回もの絵葉書展と、本当に多くのイベントをさせていただきました。

コンサートの出演者も、世界的ヴァイオリニストのロラン・ドガレイユさんをはじめ、やはり世界的ピアニストのジャック・ルヴィエさん、そして熊本シティオペラ協会の佐久間伸一さん、日本舞踊の西川瑞扇さん、邦楽囃子方の福原百之助さん、ピアニストのパトリック・ジグマノフスキーさん、クラリネットの生島繁さん、パーカションの池上英樹さん、等々、本当に夢のような方たちにご出演頂きました。

また、ビスクドール展では、流派に囚われず、実力のある作家さんたちが集いました。
昨年の出版記念を兼ねての展示会では、ニットデザイナーの広瀬光治さん、そして創作人形の恋月姫さんも花を添えて下さった事も思い出深いです。

十字屋ホールのスタッフの方たちとは、一つの仕事を通じて、ある意味同じ会社の人間のような時間を共有させていただきました。

沢山の思い出の詰まったホールのフィナーレ。 もう一度この目で見送りに行きたいと思っています。


スポンサーサイト

PageTop