ファムの人形物語

絵葉書世界 ~オペラとジャポニズム~

ボンジュール。 サ ヴァ?(お元気ですか?)

8日から開かれている、パパの絵葉書展「絵葉書世界~オペラとジャポニズム」を見に、
銀座 十字屋ホールに行ったの。

キルヒナー
パール(ネオブライス/タルト&ティ)

会場には約450点のアンティーク絵葉書が展示されていた。
何枚かずつ額装されています。

私が気に入ったのは、ラファエル・キルヒナーという作家のもの。
1876年~1917年のオーストリア人。
丁度ビスクドールが黄金期の時代の人ね!

このポストカードは何ていうシリーズか、名前がわからないみたいだけれど、
私が付けるなら、「シャンパン」ね

キルヒナー

このジャポニズムの絵葉書は「サントワ」っていうシリーズ。
ウィーンのA.アレンツ社が1904年以前に出した6枚組の絵葉書。

キルヒナー

このポストカードはオペラ「ゲイシャ」のシリーズ。
中に描かれている女の人たちが、とっても可愛いの。

キルヒナーは世界中でとっても人気のあったイラストレーター。
日本でいえば、竹久夢二さんみたいかしら?

十字屋サロン

銀座十字屋さんは、日本で最初の西洋楽器店。
今はハープやフルートの販売やお教室、そしてホールを運営している。
それで、今回の絵葉書展は音楽関係の絵葉書を多く展示しているの。
十字屋さんは今年140周年なんですって。すごいわー。
私たちブライスも140歳まで生きるかしら?

ポスター

地下鉄銀座駅の構内、和光さんの下にはA0サイズの大きなポスターが貼ってあったわ。
ポスターの中に、ヴェルディ生誕100年の時に作られた、三つ折りの絵葉書も入っているの。
23日のコンサートでヴェルディのオペラもやるのよね。

コンサートの時は、私たちブライス姉妹の誰が来られるのかしら?

絵葉書世界 ~オペラとジャポニズム~  22日(金)まで
関連コンサート                  23日(土) 15:00開演
     十字屋ホール TEL 03-3561-5250

スポンサーサイト

PageTop