ファムの人形物語

「旅するルイ・ヴィトン」展 2

「旅するルイ・ヴィトン」は、ディスプレイも楽しかったよ。

ルイ・ヴィトン

ベル・エポックの時代は、交通手段が大きく発達したんだ。
鉄道、そして自動車、飛行機の発明があって、旅の形態も大きく様変わりしたね。

ルイ・ヴィトン

馬車に揺られての長旅も、列車で時間が大幅に短縮された。
そして、多くの物資を遠くまで届ける事が出来たから、大量生産の時代になったんだね。

ルイ・ヴィトン

この豪華な列車を模した展示の部屋には、『フェミナ』などの婦人誌も展示してあったけど、印刷技術の開発もこの時代の産業に寄与したんだよね。

ルイ・ヴィトン
ルイ(ネオブライス/ピックルウィンクル)

このお部屋にはこんな素敵なソファーがあったから、ちょっと一休み。

ところが、この後、僕は靴を片一方なくしちゃったんだ。
会場の係の方たちが一生懸命捜してくれたけど、見つからなかった。
どこかの時代に旅に行っちゃったんだね。

夜、係の方が丁寧にママに電話をくれた。
さすがハイブランドだね。 靴をなくしたのはショックだったけど、ママはその対応に満足していたよ。
僕の靴の事で、ご迷惑をお掛けしました。 本当にありがとうございました。

ルイ・ヴィトン

今回僕が一番欲しかったのは、こんな書庫のトランク。
避暑に行くのに、好きな本やこれから読みたい本を一杯詰めて旅行に出たら、どんなにいいだろう。

優雅なベル・エポックの時代のお話。

さて、この展示会のレポは明日まで続くよ。 もう一日お付き合いください。
この「旅するルイ・ヴィトン」展は6月19日まで、入場無料です。


※人形と一緒の写真撮影、及びブログ掲載については、会場の係の方のご了承をいただいております。







スポンサーサイト

PageTop