ファムの人形物語

「旅するルイ・ヴィトン」展 3

「旅するルイ・ヴィトン展」は、現在に至るまでの歴史を展開していたから、もちろん最近のヴィトンの製品も見る事が出来た。

ルイ・ヴィトン
ルイ(ネオブライス/ピックルウィンクル)

村上隆さんがコラボしたバッグも、展示してあったよ。

ルイ・ヴィトン

前に何の映画だったかな? こんなトランクが使われていたね。

ルイ・ヴィトン

僕は男子だから、やっぱりメンズファッションは気になるな。

ルイ・ヴィトン

楽器やレコード、タクトをしまうケース。 贅沢だよね。

ルイ・ヴィトン

そして、見て、見て。 茶道具のケースと、右は市川海老蔵さんの鏡台だね。

ルイ・ヴィトン

ヴィトンのトランクには、色々なのがあるんだね。
すごく贅沢で、すごく夢がある。

ママから聞いたんだけど、ヴィトンはお人形が入っているトランクも販売したらしい。 その展示がなかったのは、残念だな。

ルイ・ヴィトン

さて、最後にご紹介するトランクは、自由民権運動で知られる板垣退助の物。
板垣退助は明治15年末(1882年)から翌年6月にかけてフランスをはじめヨーロッパを歴訪したらしい。
フランス式自由主義を唱えた板垣退助は、パリでこのトランクを求めたのだろうね。
名前の入ったトランクなんて、すごくカッコいい。

僕も色々な展示を見ながら、旅がしたくなったよ。
とりあえず空想の翼に乗って、色々な場所や時代に行ってみよう。


※人形と一緒の写真撮影、及びブログ掲載については、会場の係の方のご了承をいただいております。

スポンサーサイト

PageTop