ファムの人形物語

ブライスコンジャパン 6

ブライスコンのレポの最後に、グッディバッグ(お土産の入った袋)や、ラッフル(抽選)の事を少しお話しておきましょう。

入場時に受付を済ますと、グッディバッグが渡されます。

グッディバッグ

ピンクのトートバッグには、今回公募で選ばれたイラストがプリントされています。

中身はこんな感じ。
夫と二人で行ったので、我が家には二袋あるのですが、中身は一部違っていました。

ブライスコン
ジュンコ・ウォングさんとモモリータさん

モモリータさんとジュンコ・ウォングさんの司会で始まったラッフル(抽選会)は、ブライスドールが当たる前半は大盛り上がりでした。
グッディバッグもそうですが、こうした景品を集めるのにも、モモリータさんの一方ならぬご尽力があった事と拝察します。

ラッフル

二人で行ったので、ラッフルも運よく二つ当たりました。 何も当たらない人もいたんですよ。

ハナブンさんのミニチュア文化人形は、ウチの和服の子にぴったりですね。
それとも昭和レトロに装いしてもいいかしら?

そしてびっくりしたのが、右の洋服セット。
これは私がお迎えしたプーキーの生みの親、dafnery さんが寄付した物なのですが、大阪の友人に当たり、彼女が好みではないと言うので、私に当たった物と交換してもらったのです。

dafnery さんの帽子をもう一つ買いたいと思ったのですが、カスタムをお迎えしたらそれ以上はあまりお金を使わない…と決めていたので、ぐっと我慢したのですが、サプライズのご縁がありました。
お洋服の方はdafnery さんのお友達が作ったようです。

交換してくれた友人にも感謝、感謝

ブライスコン

ラッフルが終わった会場で、初音ミクちゃんを発見!
お許しを得て、撮影。 もちろんブログやインスタに載せていいと言ってくれました。
どこの国の方かしら?

今回外人さんと思っても、日本に住んでいたり、日本語ペラペラの方も多かったです。

これだけ楽しいイベントを開いて下さった、モモリータさん、スタッフの方々、そしてボランティアの皆さま。
そして、日本に来て下さった沢山のブライスファン。
寄付を寄せて下さった方々。 もう一度厚く御礼申し上げます。
皆さまとまた日本で会えますように。


スポンサーサイト

PageTop