ファムの人形物語

ママからの伝言 第3回銀座ビスクドール展

9月3日(土)、4日(日)10:00~18:00 に、第3回銀座ビスクドール展を開きます。

会場は長年慣れた十字屋ホールが今年3月にクローズしたので、今回は銀座かねまつホールで開催します。

銀座ビスクドール展
芝田直美さんの作品

フランスのアンティーク・ビスクドールの最後がブルエットという着せ替え人形だった事はご存知ですか?

お人形遊びの醍醐味は、着せ替えにあると言っても過言ではないでしょう。
この着せ替えの着想は、19世紀半ばに生まれました。

現在ブライスが有名ブランドの洋服のモデルになったり、リカちゃんも来年生誕50周年を迎えるにあたり、ブームが再燃しています。

また、フランスの装飾美術館では、現在バービー展が開かれています。
世界の一流美術館もこのように着せ替え人形(ファッションドール)に注目しているのです。

昨年は『PARIS モードと人形』を出版しましたが、今回の展示会では、この着せ替え人形に着眼し、ビスクドールのさらなる可能性を探ります。
そして今回は出展作家が洋服や靴などの小物も単品で展示販売します。

銀座ビスクドール展
畠中光子さんの作品

ビスクドールとブライスが兼用できるものもあるようですよ。 他の種類のお人形さんにもOKなのがあるかもしれませんね。

そして、着せ替え人形の世界という事で、お人形サイズは45センチ以下に限定しました。

銀座ビスクドール展
吉田千鶴さんの作品(イメージ)

ミニチュアテディベア・アーティストとして有名な吉田千鶴さんも、お人形用に可愛いぬいぐるみや、アクセサリーなど、展示販売します。

銀座ビスクドール展
畠中光子さんの作品

クラシック・ビスクドールの作家さんは、次の方々。(敬称略)
阿部範子、河村千鶴子、坂柳成子、芝田直美、高野早月、高橋涼子、野口京子、畠中光子、山口貞子

今回クラシック・ビスクドールは、作家の自由な発想を加えた作品も出展されます。

また、創作人形第一人者の恋月姫さんも特別出展されます。
このビスクドール展のために特別なお人形を制作中との事ですので、是非楽しみにしていてください。

暑い夏が過ぎたら、すぐこのビスクドール展です。
どうぞスケジュールに丸印を付けておいてくださいね。 入場無料ですよ。
作品はまた順次このブログとインスタグラムで予告していきます。


銀座かねまつホール  〒104-0061 東京都中央区銀座6-9-9 銀座かねまつビル5F
               TEL 03-3573-5285

               



スポンサーサイト

PageTop