ファムの人形物語

ブライス兼用

9月3日(土)と4日(日)に銀座かねまつホールで開かれる、第3回銀座ビスクドール展は、着せ替え人形の世界がテーマ。

ママの所には、出展される作家さんから、出品リストが集まっている。

銀座ビスクドール展
リンゴ(ネオブライス/スケートデート)

このニットはね、出展される畠中光子さんの作品。
畠中光子さんは、大阪在住。 ご自宅のアトリエで、ビスクドールのお教室を開いていらっしゃいます。

銀座ビスクドール展

畠中さんはビスクドールの他に、カルトナージュやキルトなど、なんでもこなすマルチな方。

このニットのワンピースは、小さなサイズのビスクドールとブライスが兼用で着られるように工夫されています。
帽子はブライスサイズです。

銀座ビスクドール展

畠中さんは6月のブライスコンベンションに来た時に、ママにこのワンピースをお土産にプレゼントしてくれたの。

ブライスコンで買った海外作家さんのエンゼル柄のタイツが、ぴったり合ったわ。

銀座ビスクドール展

銀座で出品されるニットはこちらです。 こちらにはお袖が付いています。
お値段が信じられない位リーズナブルなので、きっと早いもの勝ちね。

創作人形の恋月姫さんも、何を特別に作っているのかが、明らかになりました。 
何と、クラシック・ビスクドールのブリュです。

恋月姫さんには『PARIS ファッションと人形』の出版の折、蝶々夫人をテーマに大きなブリュ・ジュンを制作していただきましたが、今回は小さいサイズのブリュです。 
着せ替え人形の全体テーマをどのように捉えて下さったのか、実物を拝見するのが本当に楽しみね。

銀座ビスクドール展

そして、ママもファムのコーナーに、こんな可愛いものも出品するみたい。

これなあに? アンティークのペップ。 造花の芯です。
私が立ポーズで、ブーケみたいに腕に抱えているのがそうよ。

造花と混ぜてもいいし、ドールハウスなどでお花に見立てて使っても…。

魅力ある可愛いものが一杯の展示会です。
台風も去って、爽やかな土日になるでしょう。 どうぞお気軽にお出かけください。 入場無料です。


     銀座かねまつホール  10:00~18:00  銀座かねまつビル5F  TEL 03-3573-5285 









スポンサーサイト

PageTop