ファムの人形物語

いつかまた

神宮前にあるアンティーク腕時計の専門店ダズリングさんは、パパやママのお仕事仲間のお店。

ダズリング
レイモン(ネオブライス/ハッピーエブリデイ)

今は男性もネックレスやスカーフなど身に着けるけど、一番のアクセサリーは腕時計だよね。

ダズリング

スタッフさんが僕にミリタリーウォッチを見せてくれた。
こんなの嵌めたらカッコいいよね~。

ダズリング

オシャレな人ならバンドにもこだわるよね。

ダズリング

皮や金具も素敵なのが揃っている。

ダズリング

実はね、このお店のオーナーのご主人有竹重治さんは、ママがまだアンティーク・ディーラー駆け出しの頃、ロンドンでずいぶんお世話になったんだって。

ダズリング

ロンドンのマーケットは早朝まだ暗いうちから始まる。
寒い寒い冬の朝、真っ暗な中、懐中電灯頼りにアンティークを見定めていく。
頭がキンキン痛くなるくらい寒かった。

その頃はまだ女性で日本から行く人は少なかったから、真っ暗な中有竹さんがいらっしゃると、すごく心強かったんだって。
ママは腕時計は扱っていなかったけど、有竹さんと挨拶を交わすだけで、何だかすごく勇気付けられたみたい。

有竹重治さんはロンドンにお店を持っていらして、アンティーク・ウォッチでは知らない人がいない。

去年思いがけずこのお店で数十年振りにお会い出来た。
ママが一人前になって仕事を続けている事を喜んで下さった。 ロンドン時代と変わらない優しい顔と声。

それが、10月10日に突然お空の向こうに逝ってしまった。

ダズリング

お店のマスコットのミッキーさん。
キミや僕はずっと生き続けるけれど、人はいつかお別れの時が来るんだね。

ダズリング

でもママはね、有竹さんにバイバイしないんだって。
きっとまたいつか逢って、「よっ!」って言ってくれるって思っている。

有竹さん、いつかまた。


※写真撮影及びブログとインスタへの掲載については、ダズリングさんのご了承をいただいております。

   ダズリング   〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-10-1 1F
             TEL 03-3475-6677     11:00~19:00     水曜定休

     







スポンサーサイト

PageTop