ファムの人形物語

ヴァイオリンの神様

憧れのロラン・ドガレイユさんに会った!

ロラン・ドガレイユ
                        ルイ(ネオブライス/ピックルウィンクル)

ロラン・ドガレイユさんはパリ管弦楽団のコンサートマスター。 コンセルヴァトワールの教授もしている。
すごいのが、22歳の若さでパリのオペラ座のコンサートマスターに就任した事。
レジオンドヌール勲章や、パリ市勲章など、数々の名誉ある賞を受賞している。

そして、ロランさんの愛器は、サンテグ=ジュペリが所有していた1708年製のストラディヴァリウス。

ロラン・ドガレイユ

そんな素晴らしい人と、パパとママは親しくしている。

今までに、パパが企画したコンサートにも色々御出演頂いているよ。

名手と名器のマリアージュ。 感動して泣いた人も沢山いたね。

ロラン・ドガレイユ

僕は今回お会いするのが初めてだから、ドキドキしちゃった。

僕が将来コンセルヴァトワールに留学して、ロランさんに師事したいって言ったら、ニコニコ笑っていたよ。
そして、気さくに記念撮影に応じて下さった。
僕の小さなヴァイオリンも見てくれたんだ。

パトリック・ロジェ

おまけに、わざわざパリからお土産を持って来て下さった。
パトリック・ロジェのショコラ。
ママは一度このお店のを食べたいと思っていたから、大喜び。

お味は複雑な大人の味。
僕はますますフランスに留学したくなったな。

パトリック・ロジェ

実は今年の秋にロランさんのCDが発売される予定になっている。
伴奏はかのジャック・ルヴィエさん。
銀座十字屋ホールでの演奏会を憶えている人もいるでしょう?

神様二人の珠玉の音を、お家で楽しめるよ。

そして、多分再来年の春頃に、日本各地でリサイタルが開かれる。 パパとママがお手伝いするみたい。
CDやコンサート情報は、決定次第順次お知らせしますね。
僕もコンサート会場には必ず行くから、みんな是非来て下さいね。


※写真撮影及びブログとインスタへの掲載については、関係者のご了承をいただいております。








スポンサーサイト

PageTop